海外

2021.12.09

アルメニア |有効なPCR検査結果の陰性証明書及びワクチン接種証明書の要件(2021年12月1日~)

・アルメニア政府は、12月1日付で新しい入国規制について発表しました。

アルメニア政府は、12月1日付で新しい入国規制について発表しました。以下、概要となりますのでご確認ください。

有効なPCR検査結果の陰性証明書及びワクチン接種証明書の要件について

●PCR検査結果の陰性証明書

(ア)アルメニア語、ロシア語又は英語で記載されていること。 

(イ)受検者の氏名・生年月日・パスポート番号等、個人の特定が可能な証明書の番号 

(ウ)接種を実施した医療機関の専用書式(レターヘッド)が使用されていること。
・携帯電話のアプリでの表示、QRコードにより表示された内容を印刷した証明書を提示することも可能です。

(エ)照会先(連絡先)が漏れなく記載されていること。

(オ)検体を接種した日が記載されていること。
・ ※検体の指定はありませんが、アルメニア入国前、72時間以内に実施された検査であることが必要です。
・7歳未満の幼児にはPCR検査結果の陰性証明書は不要です。

● ワクチン接種証明書

(ア)アルメニア語、ロシア語又は英語で記載されていること。 

(イ)受検者の氏名・生年月日・パスポート番号等、個人の特定が可能な証明書の番号 

(ウ)接種を実施した医療機関の専用書式(レターヘッド)が使用されていること。
・携帯電話のアプリでの表示、QRコードにより表示された内容を印刷した証明書を提示することも可能です。

(エ)照会先(連絡先)が漏れなく記載されていること。

(オ)ワクチン製造業者の名称、製造番号及び製造日

(カ)2回接種型のワクチンの場合
・2回のワクチン接種を終えていることが確認できること。
・1回目と2回目の接種実施日が確認できること。
・2回目のワクチン接種から14日が経過していること。

(キ)1回接種型のワクチンの場合
・ワクチン接種実施日が確認できること。
・接種から28日の経過が経過していること。
※アルメニアでは、世界保健機関(WHO)が認めているワクチンに加え、ロシア製ワクチン「スプートニク・V」も有効です。

関連情報(アルメニア外務省の公式サイト:英語)
https://www.mfa.am/en/COVID-19/2021/12/01/covid-19/10955

 

 

※EC圏内で発行されたPCR検査結果の陰性証明書、ワクチン接種証明書をお持ちの方、ロシアから入国される方は、上記サイト内の関連情報を必ずご確認ください。

【問い合わせ先】  
在アルメニア日本国大使館  
所在地:23/4, Babayan Str., Yerevan, Republic of Armenia  
連絡先:+374(11)523010 
緊急連絡先(領事):+374(41)434145  
メールアドレス:embjp@yv.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。