海外

2021.11.29

タンザニア オミクロン株による第4波に対する注意喚起(2021年11月29日)

11月27日,タンザニア保健省はアフリカ南部及び欧州等にて感染が確認されている新型コロナウイルス感染症変異種オミクロン株による第4波に対する注意喚起を行っているところ,同概要を次のとおりお知らせします。在留邦人,短期渡航者の皆様におかれては,感染予防対策の徹底を引き続き強くお願します。

1 タンザニア保健省は,国民に対し定期的に新型コロナウイルス感染症に対策する予防対策の周知と徹底を呼びかけているところである。しかしながら,タンザニアにおいてはワクチン接種率が低いこと,年末にかけて国内外から旅行者が増加すること,いくつかの国々で新型コロナウイルス感染症変異種オミクロン株が確認されたことから,第4波が発生する危機に直面している。

タンザニア政府は,改めて国民に対し第4波の脅威から身を守るための感染予防対策を引き続き行うことを強く要請する。
(1)全国の医療機関で無料実施されているワクチン接種を推奨する。ワクチンは感染症対策に大きな効果を発揮することが確認されている。
(2)マスク着用,石けんを用いた手洗い及び手指消毒,専門家が推奨する自然療法(薬草の蒸気を浴びる,栄養価の高い果物の摂取,自己免疫力を高める運動等)を引き続き実施すること。
(3)不要不急の集まりの回避。
(4)各業界,メディア等による感染予防対策のガイドラインの徹底。
(5)空港,国境及び港湾における引き続きの検疫強化。
(6)感染者の増加傾向にある諸外国の監視,適切な措置の実施。

3 タンザニアにおいては,暫く運休していた南アフリカとの直行便が再開したこともあり,現地人の間ではオミクロン株の発生,拡大が懸念されています。また,市内医療機関においては今月27日より新型コロナウイルス感染症による入院患者が再び増えていることが確認されています。在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては,感染予防対策の徹底を引き続き強くお願します。

<タンザニア保健省公式Twitter(スワヒリ語)>
https://twitter.com/wizara_afyatz

 

 

(問い合わせ先)
在タンザニア日本国大使館
EMBASSY of JAPAN in TANZANIA
住所:Plot No. 1018, Ali Hassan Mwinyi Road, P.O. Box 2577, Dar es Salaam, United Republic of TANZANIA
電話:+255-22-2115827/9
FAX:+255-22-2115830
領事窓口時間:07:30 - 12:30 / 13:30 - 16:30
査証窓口時間:08:30 - 12:30
ホームページ: http://www.tz.emb-japan.go.jp/index_j.htm

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。