海外

2021.12.04

ナイジェリア 出入国における新たな検疫措置の改定(2021年12月5日~)

【ポイント】
12月1日付け領事メールにてお知らせしたナイジェリア出入国時の渡航プロトコルの改定について、ナイジェリア政府は12月5日から適用すると発表しました。
●また、これまでも、渡航前に登録する渡航ポータルサイト(https://nitp.ncdc.gov.ng/)の不具合、航空会社への案内の不徹底など問題が報告されていますので、同措置適用直後の渡航においては御注意ください。

 

 

【本文】
ナイジェリア政府の発表
12月1日付け領事メールにて、ナイジェリア出入国時の渡航プロトコル改定についてお知らせしましたが、新型コロナウイルス対策大統領運営委員会(PSC)は3日、右改定によってナイジェリア出入国時に求められる書類、対応について以下のとおり発表しました。この新たな検疫措置は、12月5日から適用されます。
また、これまでも、渡航前に登録する渡航ポータルサイト(https://nitp.ncdc.gov.ng/)の不具合、航空会社への案内の不徹底など問題が報告されていますので、同措置適用直後の渡航においては御注意ください。
(1)入国者
○出発前48時間以内にPCR検査を受検し、陰性証明を提示すること。
○到着後2日目にPCR検査を受検すること。
○7日間の自主隔離(ワクチン未接種者及び一部接種者が対象)。
○到着後7日目にPCR検査を受検すること(ワクチン未接種者及び一部接種者が対象)。
(2)出国者
出国時に、以下のいずれかの書類を提示すること。
○ワクチン接種完了証明書
○出発48時間までに実施されたPCR検査の陰性証明

2 今後も当国を含め各国で新たな水際対策措置が講じられる可能性が考えられますので、引き続き乗り継ぎ国を含め渡航先の最新の情報を入手していただくともに、感染予防に努めていただくようお願いいたします。

3 このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

◯ 在ナイジェリア日本国大使館(領事班/医務班)
電話:090-6000-9019 または 090-6000-9099
※国外からは(国番号 234)90-6000-9019 または 90-6000-9099
夜間緊急連絡用電話:080-3629-0293
※国外からは(国番号 234)80-3629-0293
ホームページ: http://www.ng.emb-japan.go.jp/j/
電子メール : visanigeria@la.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。