海外

2021.12.01

カザフスタン 国外からの新たな入国制限措置(2021年12月3日~)

カザフスタン政府は、12月3日から、ボツワナ、南アフリカ、レソト、ナミビア、ジンバブエ、モザンビーク、マラウイ、マダガスカル、エスワティニ、タンザニア及び香港からカザフスタンへの外国人入国を制限します。

カザフスタン政府は、12月3日から、イスラエル、チェコ、オランダ、ベルギー、英国、イタリア、ドイツ、オーストリア、カナダ及びエジプトからの入国者に対し、ワクチン接種完了者であってもPCR検査を義務づけ、また、7日間の自宅自主隔離を求めます。

11月30日、保健省ショラノフ第一次官は、12月3日からの措置として以下を表明しました。
(1)ボツワナ、南アフリカ、レソト、ナミビア、ジンバブエ、モザンビーク、マラウイ、マダガスカル、エスワティニ、タンザニア及び香港からの外国人入国を制限する。
(2)エジプトとの国際線を停止する。
(3)オミクロン株が確認された国として、イスラエル、チェコ、オランダ、ベルギー、英国、イタリア、ドイツ、オーストリア、カナダ及びエジプトからの入国者に対し、ワクチン接種完了のいかんにかかわらず、検体提出から72時間以内のPCR検査を義務づける。
(4)また、オミクロン株が確認された国からの入国者に対して、PCR検査の結果にかかわらず、7日間の自宅自主隔離を求める。

同日後刻、12月3日零時からの措置を定めた国家主任衛生医師令第51号「新型コロナウイルス『オミクロン』株のカザフスタン共和国への移入を防止するための強化措置」が発表されました。同医師令は、上記1(3)(4)の内容を反映しています。 また、イスラエル、チェコ、オランダ、ベルギー、英国、イタリア、ドイツ、オーストリア、カナダ及びエジプトからカザフスタンへの入国者だけでなく、これらの諸国に直近14日間の間に滞在歴のある方も、7日間の自宅自主隔離の対象となります。

●当館領事メールのバックナンバーは以下のページから参照できます。
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0007

●当館フェイスブック https://www.facebook.com/embassy.jp.kz/ にもCOVID関連情報を掲載しています。

(邦人保護等の緊急事態の場合の問い合わせ窓口)
○在カザフスタン共和国日本国大使館
住所:5th floor, Kosmonavtov Street 62, micro-district
  "Chubary", Nur-Sultan, 010000, Republic of Kazakhstan
電話:+7 (7172) 977-843
FAX :+7 (7172) 977-842
○日本外務省領事サービスセンター
電話:(代表)+81-3-3580-3311(内線)2902,2903
 
(日本外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐事件を除く)
(内線)2851
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐事件等)
(内線)3047

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。