海外

2021.12.01

パラグアイ 入国前2週間に南アフリカ、ボツワナ、レソト、エスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、マラウィ、モザンビーク、ザンビア、アンゴラに滞在歴のある非パラグアイ居住外国人は入国禁止(2021年11月29日~)

パラグアイ政府は入国制限措置を改正し、南アフリカ、ボツワナ、レソト、エスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、マラウィ、モザンビーク、ザンビア、アンゴラに滞在歴のある入国者に対する新たな措置を決定しました。

11月29日、パラグアイ政府は新たな入国制限措置を決定しました。新たに講じられることとなった主な措置は次のとおりです。

パラグアイ入国前2週間に南アフリカ、ボツワナ、レソト、エスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、マラウィ、モザンビーク、ザンビア、アンゴラに滞在歴のある非パラグアイ居住外国人の入国は認めない。

パラグアイ入国前2週間に上記10か国に滞在歴のあるパラグアイ国民及びパラグアイ居住外国人は、パラグアイ入国時に入国前72時間以内に実施した核酸検出検査による陰性証明書を提示し、入国後10日間の自主隔離を行わなければならない。さらに、入国時に提示した陰性証明書を取得するために受検した核酸検出検査の検体採取日から起算して5日目にRT-PCR方式の検査を受検しなければならない。

新たな措置の内容については、下記の当館ホームページ等を御参照ください。

○当館ホームページ
https://www.py.emb-japan.go.jp/itpr_ja/exgenciassanitariasdeingresoalpais.html

○厚生福祉省ホームページ掲載の原文
https://www.mspbs.gov.py/dependencias/portal/adjunto/df1a91-SIMESEN229810ACTUALIZACIONDELASEXIGENCIASSANITARIASDEINGRESOALPAIS.pdf

在パラグアイ日本国大使館
住所:Av.Mariscal Lopez No.2364, Asuncion
電話:+595(21)604-616
Mail:japon.consulado@as.mofa.go.jp
URL:http://www.py.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
【海外安全ホームページ】
https://www.anzen.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。