海外

2021.11.16

ベラルーシ ポーランドとの国境付近の動向に係る注意喚起(11月16日)

ベラルーシ在留邦人の皆様

〈ポイント〉
各国の報道機関は、非常に多くの移民がベラルーシとポーランドとの国境に集まり、EUへの越境を試みていると報じています。
●邦人の皆様におかれましては、グロドノ州及びブレスト州のポーランドとの国境に近い各都市への不要不急の外出を控え、特に「Брузги(Bruzgi)」検問所付近には安易に接近することがないようお願いします。

各国の報道機関で報じられているように、現在、ポーランドとの国境において、ベラルーシ経由でEUへの移住を試みることを目的に、イラクやシリア等の中東籍と見られる移民が集結しています。特に、グロドノ州の「Брузги(Bruzgi)」検問所においては、移民キャンプが設置され、国境を挟んでベラルーシ側の多数の移民とポーランド側の国境警備隊とのにらみ合いが続いています。

2 なお、ベラルーシ国家国境委員会公式ホームページによると、新型コロナウイルス感染症の影響により、ベラルーシの「永住許可(разрешение на постоянное проживание)」または「一時居住許可(разрешение на временное проживание)」を有する場合を除き、外国人による陸路でのベラルーシへの入国(鉄道等を含む)は原則停止されています。ベラルーシから陸路で出国する場合、ベラルーシの「永住許可(разрешение на постоянное проживание)」または「一時居住許可(разрешение на временное проживание)」を有する者及び新型コロナウイルス感染状況の「レッドゾーン」指定国からベラルーシへ入国した者を除き、外国人の移動に規制はありませんが、当面の間、陸路でのポーランドへの移動は避けることが安全の観点から重要です。新型コロナウイルス感染症に関連する出入国規制の詳細については、下記リンク先をご参照下さい。
https://gpk.gov.by/covid-19/en/

 

 

3 また、ベラルーシの国境から約30kmはボーダーゾーンに指定されており、無許可で立ち入った場合、治安当局に拘束される可能性があります。
※参考:ベラルーシ国家国境委員会公式ホームページ(ボーダーゾーンについて)
https://gpk.gov.by/en/border-zone-borderline/

4 邦人の皆様におかれましては、常に最新情報の入手に努めるとともに、グロドノ州及びブレスト州のポーランドとの国境に近い各都市への不要不急の外出を控え、国境付近、特に「Брузги(Bruzgi)」検問所付近には安易に接近しないでください。

在ベラルーシ日本国大使館
電話:+375-17-203-6233, 6037
閉館時間中の緊急連絡先:+375-29-667-6869
E-mail: NIPPON-emb@mk.mofa.go.jp (代表)
HP: https://www.by.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。