海外

2021.10.27

ウガンダ エンテベ国際空港に到着するすべての乗客は入国時にPCR検査受検が必要(2021年10月27日~)

ウガンダ政府は、10月27日よりエンテベ国際空港に到着するすべての乗客は、出発国やワクチン接種の有無に関わらず、入国時にPCR検査(有料、30米ドル)を受ける必要があると発表しました。
また、「出発地において搭乗時間の72時間前までに採取したサンプル」によるPCR検査の陰性証明書の取得も必要ですのでウガンダへ渡航をお考えの方は出発前にご準備ください。

エンテベ国際空港で実施されるPCR検査における概要は以下のとおりです。
●エンテベ国際空港に到着するすべての乗客は、出発国やワクチン接種の状況に関係なく検査対象となる。
●6歳未満の子供 および完全なCOVID-19ワクチン接種の証拠を持つ航空会社の運行・客室乗務員はこの措置から免除。
●到着時のPCR検査で陽性となった場合、公立病院または私立病院に移送され、そこで7日間管理される。
●公立病院での治療は無料であるが、私立病院での治療を選択する場合の費用は自己負担となる。
●到着時のPCR検査で陽性となった観光客が無症状または軽度の症状であった場合、指定された観光客のホテルで管理されるが、重度の症状になった場合は病院へ移送される。
●PCR検査料は、30米ドルまたはウガンダシリングで同等の金額で、オンライン(https://covidpay.postbank.co.ug)での事前支払いが推奨されているが、到着時に現金やクレジットカードでの支払いも可能である。

PCR検査の結果が出るまでの時間(約2時間半以内と記載あり)は、空港内の指定された待合室で待機する必要があり、時間がかかることが予想されますので、ウガンダへの渡航をお考えの方はご注意ください。

詳細は、以下のウガンダ民間航空局のステートメント原文をご確認ください。
(1)https://caa.go.ug/wp-content/uploads/2021/10/NOTAM-1.pdf

(2)https://caa.go.ug/wp-content/uploads/2021/10/Frequently-Asked-Questions-in-Relation-to-Mandatory-testing-at-Entebbe-International-Airport-2-thirty.pdf

お問い合わせ先 
○在ウガンダ日本国大使館 
住所:Plot No.8, Kyadondo Road, Nakasero, Kampala, Uganda. 
(P.O.Box 23553 Kampala, Uganda) 
電話:0312-261-564~6,  
ホームページ: http://www.ug.emb-japan.go.jp/index_j.htm

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。