海外

2021.10.21

モーリタニア WHOが承認したワクチン接種完了者はPCR検査陰性証明書の提示が不要に

モーリタニア政府が実施している新型コロナウイルスに係る水際措置について、今後、WHOが承認するワクチンの接種完了者については、入国時のPCR検査の陰性証明書の提示が不要になる等、新たな措置が実施されることになります。なお、当該措置は国内外の感染状況を踏まえて都度変更されることがありますのでご注意ください。

保健省発表によれば、今回の措置のポイントは次のとおりです。

1.陸路・海路・空路での入国地点において、すべての渡航者は、以下の措置に従う必要がある。

(1)マスク着用、手指消毒、1.5mの社会的距離の確保、非接触型の検温

(2)WHOが承認したワクチン(アストラゼネカ、シノファーム、ファイザー/BioNTech、J&J、モデルナ、シノヴァック及びコビシールド)の接種完了証明書の提示。なお、2回の接種が必要なワクチンに関しては、2回目接種の接種後2週間経過した後に有効と見なされる。

(3)ワクチン非接種者及び未完了者は、(到着時から)72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書を提示。

2.到着時にコロナ関連症状(発熱、咳、呼吸困難、くしゃみ、倦怠感等)を有している者は、衛生プロトコルに従い措置され、PCR検査(RT-PCR)を受検する。

(1)陽性の場合、保健当局が用意する施設において10日間隔離され、モーリタニア保健当局が無料でケア・フォローを行う。隔離10日目に再度PCR検査を行う。

(2)陰性の場合でも、有症状の場合は近親者へのコロナ感染を予防するため、10日間の自主隔離が求められる。

3.PCR検査の陰性証明書またはワクチン接種完了証明書を携行していない外国人の入国は認められず、自己負担にて出発地に戻ることが求められる。

【お問合せ先】 
在モーリタニア日本国大使館
代表電話:4525-0977 
メール:ryojimauritanie@nc.mofa.go.jp(領事担当)
緊急連絡(休日・夜間):4600-1717(領事担当)
ホームページ:https://www.mr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。