海外

2021.09.01

アゼルバイジャン 屋内施設利用におけるワクチンパスポートの所持義務(2021年9月1日~)

アゼルバイジャン首相府は、18歳以上の方に対して屋内提供サービス(飲食店、ホテル、大型ショッピングモール等)を利用するに際して、いわゆるワクチンパスポートを所持するよう発表(首相府令第229号)しましたのでお知らせします。
在留邦人の皆様におかれましては、引き続き、感染防止策を徹底されるようご留意ください。

アゼルバイジャン首相府令第229号に基づき、9月1日から、18歳以上の方が飲食店、ホテル、大型ショッピングモール等に入店するにあたり、いわゆるワクチンパスポートを所持することが求められます。接種していない方が上記店舗等に入店した場合、店舗側(本人ではない)に罰金(3,000~4,000マナト)が科せられます。
なお、今回の新たな規制とは別に、マスクを着用しない、新型コロナウイルスに感染しているのに外出し入店する等、隔離措置違反をした場合には、右行為を行った個人にも罰金(200~400マナト)が科せられるますので、ご注意ください。

2 参考事項
日本の自治体発行の接種証明(いわゆるワクチンパスポート)は、国際的なQRコード等が付されておらず、当地では現在のところ公式に認められておりません。
また、当地で新型コロナウイルス・ワクチンを2回接種され、当地政府発行のワクチンパスポート(COVID19パスポート)を受領される場合、電子版発行の受領手順は以下のサイトで掲載されておりますので参考にしてください。

https://its.gov.az/bloq/information-of-the-state-agency-on-mandatory-health-insurance-on-obtaining-vaccine-and-immunity-certificates

https://randevu.its.gov.az/

詳しくは、Baku Health Center(Bakisaglamliq)電話番号 +994 12 440 00 57/*0022 メール アドレス info@bakisaglamliq.azにお問い合わせください。

【送信元】
在アゼルバイジャン日本国大使館領事班
電 話:+994-12-490-7818
緊急時:+994-50-222-8063
メール:consular@bk.mofa.go.jp
H P:https://www.az.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。