海外

2021.08.31

オーストラリア ACT政府:ロックダウン措置を延長(~2021年9月17日)

【ポイント】
ACT政府は、9月2日までのロックダウンを、9月17日(金)午後11時59分まで(15日間)延長する旨発表しました。

●8月31日(火)、ACTにおける新型コロナウイルスの陽性者は、8月30日(月)から13人増えました。現時点の陽性者数は242人です(回復した人の数は除く)。

●併せて、ロックダウンに延長に伴い、公衆衛生規則の一部修正、ACTの学校教育、及びロックダウン中に外出できる6つの理由について発表しました。新たな公衆衛生規則は、リスクの低い屋外活動が可能となるよう規則の内容を変更するものであり、9月2日(木)午後5時から有効となります。

●感染の可能性があった地点が、追加・更新され、現在は210カ所(8月31日午前11時45分のACTの記者会見時点)が指定されています。下記リンク先から確認し、それぞれの地点に特定の日時に訪問歴のある人は、定められた措置に従ってください。なお、一部例外を除き、特定の日時が14日以前の地点は「Archived」として表示されますが、地点によっては、特定の日時が14日以前であっても、感染の可能性があった地点として表示されます。これは、その後の調査により判明した地点となりますが、「Archived」と表示されていない地点については、たとえ表示されている日時が14日以前の場合であっても、それぞれの地点に該当する指示に従う必要がありますので、ご注意ください。
https://www.covid19.act.gov.au/act-status-and-response/act-covid-19-exposure-locations

●ACT保健省は、同省が運用するFacebook及びTwitterに、検査場所での待ち時間等の情報も掲載していますので、参考にしてください。
ACT保健省Facebook: https://www.facebook.com/ACTHealthDirectorate
ACT保健省Twitter:https://twitter.com/ACTHealth

【本文】
ロックダウンの延長
ACT政府は、9月2日までのロックダウンを、9月17日(金)午後11時59分まで(15日間)延長する旨発表しました。

2 最新の感染者数
(1)8月31日(火)、ACTにおける新型コロナウイルスの陽性者は、8月30日(月)から13人増えました。現時点の陽性者数は242人です(回復した人の数は除く)。
(2)新たに増えた13人の内、1人については感染源が現時点で不明です。

3 ロックダウンの延長に伴うバー首席大臣の発表
(1)併せて、ロックダウンに延長に伴い、公衆衛生規則の一部修正、ACTの学校教育、及びロックダウン中に外出できる6つの理由について発表しました。新たな公衆衛生規則は、リスクの低い屋外活動が可能となるよう規則の内容を変更するものであり、9月2日(木)午後5時から有効となります。
(2)新たな公衆衛生規則
ア 屋外での活動に伴う新たな公衆衛生規則
○ 1世帯(規模は問わない)または5人までが、運動または非組織的なレクリエーションのために屋外に集まり、2時間まで過ごすことができる。
○ 屋外のプレイグラウンド、フィットネスステーション、ドッグパークが再開される。可能な限り物理的距離を保つようにしてください。
○ 葬儀に参加列可能な人数が20人までに増加。(葬儀を執り行うために必要な人を除く)。
○ 結婚式に参列可能な人数を10名までに増加。(式を執り行う人を除くが、結婚する2人と証人2人は含む)。
○ その他の宗教的儀式については、時間的な制約があるものは10人以下で行うことが認められる(儀式を執り行う人を除く)。
○ 屋外のメンテナンスやガーデニング、犬の手入れなと、屋外で行われ、物理的な距離を保つことができるサービスの再開
イ 屋内では感染リスクが高く、家庭内での感染も懸念されるため、屋外部分を含めた家の内での集まりは引き続き禁止されています。
ウ 12歳以上の方は、職場を含め、外出時には引き続きマスクの着用が必要です。
(3)ACTの学校教育について
ア ACT内の学校教育においては、3学期の残りの期間は遠隔授業を継続します。
イ ACTの全ての公立学校は、自宅で仕事ができない保護者の子供や脆弱な状態にある子供のために引き続き開校しています。これらの生徒は、普段通っている公立学校に通い、他の生徒同様の遠隔授業を受けることができます。
ウ 自宅で仕事ができない保護者や脆弱な状態にある子供たちのために、授業時間外のケアを含む幼児教育・ケアサービスも引き続き提供されます。
(4)ロックダウン中に外出できる6つの理由
ア 必要な食料品や薬を買うため。
イ 在宅介護を含む必要な医療を受けるため。
ウ 必要不可欠な仕事をするため。
エ 地域の屋外での運動や個人的な集いによるレクリエーションのため。
オ 新型コロナウイルスの検査を受けるため。
カ 新型コロナウイルスのワクチン予防接種を受けるため。
可能であれば、在住している地域内での活動を行うことが重要です。

4 感染の可能性があった地点の追加・更新
(1)感染の可能性があった地点が、追加・更新され、現在は210カ所(ACTの記者会見時点)が指定されています。下記リンク先から確認し、それぞれの地点に特定の日時に訪問歴のある人は、定められた措置に従ってください。なお、一部例外を除き、特定の日時が14日以前の地点は「Archived」として表示されますが、地点によっては、特定の日時が14日以前であっても、感染の可能性があった地点として表示されます。これは、その後の調査により判明した地点となりますが、「Archived」と表示されていない地点については、たとえ表示されている日時が14日以前の場合であっても、それぞれの地点に該当する指示に従う必要がありますので、ご注意ください。
https://www.covid19.act.gov.au/act-status-and-response/act-covid-19-exposure-locations
(2)感染の可能性があった地点には、濃厚接触(Close contact)、軽度の接触(Casual contact)、調査中の地点(Investigation locations)、及び症状の観察(Monitor for symptoms)と4種類のカテゴリーがあり、属するカテゴリーにより、求められる措置が異なりますので、それぞれの措置については、以下アからエをご確認ください。
なお、隔離についての詳細は、下記リンク先をご参照ください。
https://www.covid19.act.gov.au/stay-safe-and-healthy/quarantine-and-isolation/quarantine?utm_source=Popularlinks&utm_medium=banner&utm_campaign=Popular%20links
ア 濃厚接触(Close contact)
感染の可能性があった地点の内、「濃厚接触(Close contact)」に該当する地点に特定の日時に訪問歴のある人は、直ちに14日間の自己隔離を開始し、検査を受け、オンラインで申告しなければなりません。
オンライン申告先:https://actredcap.act.gov.au/redcap/surveys/?s=ENA34MC3TR
なお、濃厚接触地点に訪問歴のある人の同居人(secondary contacts)も同様に隔離の対象となり、訪問歴のある人とその同居者の双方が、ACT保健省により隔離から解除となる旨の連絡を受けるまで隔離しなければなりません。また、可能な限り、住居内での空間の共有を避けるべきです。
https://www.covid19.act.gov.au/stay-safe-and-healthy/quarantine-and-isolation/quarantine/quarantine-for-secondary-contacts
イ 軽度の接触(Casual contact)
感染の可能性があった地点の内、「軽度の接触(Casual contact)」に該当する地点に特定 の日時に訪問歴のある人は、直ちに自己隔離を開始し、検査を受け、オンラインで申告しな ければなりませんが、訪問したタイミングにより、執るべき措置が異なっています。オンラ インで申告を行うと、ACT保健省からメール等で連絡がきますので、記載されている措置 に従ってください。
オンライン申告先:https://actredcap.act.gov.au/redcap/surveys/?s=ENA34MC3TR
なお、軽度の接触地点に訪問歴のある人の同居人は、自己隔離の必要はありませんが、可能な限り、住居内での空間の共有を避けるべきです。
ウ 調査中の地点(Investigation locations)
同地点に特定の日時に訪問歴のある人は,症状の有無にかかわらず直ちに検査を受け、陰性の結果を受け取るまで自己隔離してください。また、同地点を訪問してから14日間は症状を観察してください。同地点を訪問した人は、ACT保健省に対する申告の必要はなく、陰性の結果を受領後は、自己隔離を解除することができます。
なお、調査中の地点に訪問歴のある人の同居人は、検査や自己隔離の必要はありません。
エ 症状を観察(Monitor for symptoms)
感染の可能性があった地点のうち、「症状を観察(Monitor for symptoms)」に該当する地点に特定の日時に訪問歴のある人は、症状を観察し、症状が現れた場合は検査を受けてください。

5 検査会場
(1)検査が可能な場所は以下のリンク先からご確認ください。検査会場によっては、濃厚接触に該当する人のみを受け付けるという変更や、急な悪天候により閉鎖されることもありますので、訪問前にご確認ください。
新型コロナウイルス検査場所:https://www.covid19.act.gov.au/stay-safe-and-healthy/symptoms-and-getting-tested/where-to-get-tested-in-the-act?utm_source=Popularlinks&utm_medium=banner&utm_campaign=Popular%20links
(2)ACT保健省は、同省が運用するFacebook及びTwitterに、検査場所での待ち時間等の情報も掲載していますので、参考にしてください。

ACT保健省Facebook: https://www.facebook.com/ACTHealthDirectorate
ACT保健省Twitter:https://twitter.com/ACTHealth

6 ACT政府は、下記リンク先に新型コロナウイルスに関する最新の情報を掲載しています。状況は刻一刻と変化しますので、定期的に確認し、最新の情報を入手するよう心がけてください。
https://www.covid19.act.gov.au/

在オーストラリア日本国大使館領事部
電話:02-6273-3244(代表)
FAX:02-6273-1848
メール:consular@cb.mofa.go.jp
大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。