海外

2021.08.25

オーストラリア 豪連邦警察(AFP)をかたる詐欺の多発について

【ポイント】
豪連邦警察(AFP)は、電話や電子メールにより、連邦警察の捜査員をかたって、個人情報や金銭を要求する詐欺が急増しているとのメディアリリースを発出しました。

AFPは「電話や電子メールで逮捕を告げたり金銭や個人情報を要求したりすることは決してない」ことや「送金やビットコイン、オンラインバウチャーを要求することはない」といったこの種の詐欺の防止策等について述べ、被害にあった場合は直ちに警察に通報するよう促しています。

【本文】
1 8月25日(水)、豪連邦警察(AFP)は、電話や電子メールにより、連邦警察の捜査員をかたって、個人情報や金銭を要求する詐欺が急増しているとのメディアリリースを発出しました。AFPはこの2か月間で数百件の被害報告が寄せられ、16,000豪ドル以上の被害にあった例もあるとしています。

2 AFPはこの詐欺の典型的な例を以下のとおり紹介しています。
○応対者に対して、その人の銀行口座に関連する疑わしい活動を特定したことを伝え、メディケア番号、住所、銀行口座の詳細などの個人情報を要求する。
○応対者に対して、逮捕状が発布されたと偽り、これを免れる方法として銀行口座への金銭の振り込みなどを指示する。

3 AFPはこの種の詐欺の防止策等について、以下のとおり述べています。
○AFPは、電話や電子メールで逮捕を告げたり金銭や個人情報を要求したりすることは決してない。
○AFPは、送金やビットコイン、またはiTunesやGooglePlayなどのオンラインバウチャーを要求することはない。
○詐欺と思われる電話を受けた場合、すぐに通話を終えること。
○詐欺犯は実際のAFPの電話番号を受け手の電話に誤表示させることで、発信元を偽装することもある。疑問を持った場合には、居住州の州都にあるAFP本部の電話番号を調べて電話し、本当の警察官と話して、受けた電話が虚偽であることを確認すること。
○詐欺にあった場合は、被害回復のため、直ちに警察に通報すること。

※AFPメディアリリース(AFPをかたった詐欺について)
https://www.afp.gov.au/news-media/media-releases/scammers-using-fake-afp-credentials-target-vulnerable-people

※スキャム・ウォッチ(被害報告及び被害事例の紹介)
https://www.scamwatch.gov.au/

【在シドニー日本国総領事館】
Level 12, 1 O'Connell Street,
Sydney NSW 2000 Australia
代表電話(61-2)9250-1000
Fax(61-2)9252-6600
Web:http://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/index_j.htm
Email:japaneseconsulate@sy.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。