海外

2021.08.24

オーストラリア 今後の出口戦略に関するモリソン首相の「見解」の発表(2021年8月22日)

【ポイント】

●8月22日、モリソン首相は「症例数から入院している人々の割合に焦点を移す時」と題した出口戦略に関する「見解」を発表しましたので、概要をお伝えいたします。

【本文】
8月22日、モリソン首相は「症例数から入院している人々の割合に焦点を移す時」と題した出口戦略に関する「見解」を発表しましたので、概要をお伝えいたします(段落は当館にて適宜付したもの)。

詳細及び原文は下記リンク先をご覧ください。
https://www.pm.gov.au/media/time-shift-focus-case-numbers-hospitalisations

豪州のコロナ対策の出口戦略(国家計画)(当館作成仮訳)
https://www.au.emb-japan.go.jp/files/100220800.pdf

1 どうすれば安全を保つことができ、新型コロナ感染症の世界で我々の生活を取り戻すことができるか。症例数は重要ではあるが全てではない。

2 今の我々の国家戦略は必然的にウイルスを抑制し、できるだけ多くの人々に予防接種をすることであるが、症例数だけに片目で焦点を合わせると、死者は言うまでもなく、重篤な症状に至る人が少なくなるという事実を見落とすことになる。症例数のみから、実際に何人の人が重篤な症状となり入院を必要としているかに焦点を移すことは、ますます重要となる。結局のところ、これは我々が他の全ての感染症を管理する方法である。

3 アストラゼネカ、またはファイザー製のワクチンを接種後、病院又はICUに行く可能性が86パーセントから87パーセント低くなることはデータにより示されている。ワクチン接種によって感染がどの程度減少するかについては数値が確認されていないが、最近のシドニーでの感染拡大事例からの証拠は本当に強力なものである。我々の計画の重要な次のステップは、12歳以上の子供にワクチンを接種することでもある。

4 我々の国家計画では、70パーセントと80パーセントのワクチン接種目標を達成し始めると、新型コロナ感染症が我々から奪ってきたものを取り戻すことができる。そして、そうするとき、必然的に増加するであろう症例数に怖じ気づいてはならない。重篤な症状や死亡から人々を守るために我々が行った全ての改善のおかげで、我々はそれらによりよく対応することができるだろう。
これは人々が病気にならないという意味ではないが、ワクチン接種の目標、強力な公衆衛生システムを達成し、常識的な公衆衛生対策とコロナへのより効果的な治療を維持することで、新しい正常な状態に移行し、他の感染症のようにコロナに対処することができる。それが我々の国家計画の全てであり、それは全ての州・準州の首相・首席大臣が署名したものだ。
これが我々の戻る道である。我々豪州人がしなければならないこと、つまりロックダウンに耐え、家にいて、検査を受け、ワクチン接種を受けることによって、現在の循環から抜け出し、前進することができるということである。

在オーストラリア日本国大使館領事部
電話:02-6273-3244(代表)
FAX:02-6273-1848
メール:consular@cb.mofa.go.jp
大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。