海外

2021.08.21

パラオにおける新型コロナウイルス感染者2名の確認

保健福祉省は、8月15日にパラオに到着した渡航者2名が新型コロナウイルスに感染していることを確認。

●両渡航者及び判明しているすべての濃厚接触者は、隔離・検疫を受けており、さらなる追跡調査及びモニタリングが継続中。

●保健福祉省は市民に対し、冷静さを保ち、感染予防措置を継続することを呼びかけ。

8月21日、パラオ保健福祉省は、パラオへの渡航者2名が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。8月20日及び21日の同省発表によれば、概要は以下のとおりです。

1 8月15日にパラオに到着し、到着後5日目の新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した渡航者2名を再検査した結果、陽性が確定した。両渡航者は、出発前3日以内の検査では陰性であり、いずれもワクチン接種を完了していた。

2 両渡航者及び判明しているすべての濃厚接触者は隔離及び(または)検疫を受けており、さらなる追跡調査及びモニタリングが継続している。判明しているすべての濃厚接触者は、新型コロナウイルス検査では陰性であったが、プロトコルに従い、追加検査が行われるまで最低10日間は強制的な検疫を受ける。

3 追跡調査により、両渡航者と濃厚接触をしたことが明らかになった者には、連絡がある。濃厚接触とは、マスク等の着用なしに、特に屋内または人が密集した場所で、6フィート以内で30分以上の接触をしたことを意味する。

4 すべての人に対し、冷静さを保ち、感染予防措置を継続することを呼びかける。保健福祉省は緊急事態対処センターを再び設置し、他の機関と連携して状況を注視し、新たな情報が入り次第、改めて発表する。


【問い合わせ先】
在パラオ日本国大使館領事班
電話:(+680)488-6455/6456 FAX:(+680)488-6458
メール: jpembassy.palau@kx.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。