海外

2021.07.31

ナミビア 到着前72時間以内に取得したPCR陰性証明書が必要に(2021年8月1日~)

7月30日、ガインゴブ大統領は、過去14日間、ナミビア全土において感染封じ込め措置を採ったことにより、陽性率が40%から28%に減少する等、一定の成果が見られたとして、8月1日から14日まで、制限措置を緩和する旨発表しました。このうち重要な点は以下のとおりです(今回発表された原文は以下のリンクをご覧ください。)。
ただし、ナミビア入国時に提示が求められるPCR陰性証明書の取得期限(入国前72時間以内。以下3(1))については引締めが行われています。

(大統領ステートメント)https://www.na.emb-japan.go.jp/files/100218200.pdf
(保健大臣ステートメント)https://www.na.emb-japan.go.jp/files/100218201.pdf

【ナミビア政府発表要旨】

1 致死的な新型コロナの第三波は続いているものの、過去14日間は陽性率の大幅な低下、(40%→28%)、新規感染者数・入院患者数の減少、公立・私立双方の医療施設における隔離病床・ICU病床の逼迫状況の緩和等、ナミビア全土において感染封じ込めに一定の成果が見られた。

2 ナミビアにおける累積感染者数は117,896人である。回復率80%、死亡率2.5%という数値には励まされるが、過去28日間で1,414人が死亡したことは問題であり、死者数を減らすために出来ることを全て行う必要がある。ワクチン接種については、集団免疫を獲得すべく、来年3月末までに国民150万人(60%)に接種を行うことが目標である。

8月1日から14日までの措置(現行措置から以下のとおり変更)
(1)ナミビア入国時のPCR陰性証明書
ナミビア到着前7日以内に取得したPCR陰性証明書を携行すること。
→ナミビア到着前72時間(3日間)以内に取得したPCR陰性証明書を携行すること。

(2)人の移動
国内全14州において、州をまたぐ州域内外の間の移動を原則禁止する(住民であってこれらの域内に帰る者、必要不可欠なサービス業務の従事者であって許可証を有する者、緊急医療事態の場合等は除く。)。
→州をまたぐ移動制限を解除する(移動許可証も不要。)。

(3)集会の人数制限
10人までに制限。
→50人にまでに制限(ただし、2時間以内に限定する。)。

(4)夜間外出制限
21時~翌朝4時の間。
→22時~翌朝4時の間。

(5)アルコール販売制限
月曜から木曜日の09時~18時。
→月曜日から金曜日の09時~18時(引き続き、テイク・アウェイのみ。)。

(6)レストラン等営業
テイク・アウェイのみを許可。
→保健・安全措置を取った上で営業を許可する。

(7)学校教育
一部学年を除いて対面授業は原則禁止。
→8月4日から(感染予防措置を取った上で)対面授業を再開する。


(連絡先)
在ナミビア日本国大使館 領事班
住所:78 Sam Nujoma Drive, Klein Windhoek, Windhoek, Republic of Namibia
開館時間:8:30-12:45 13:45-17:00
電話:+264 61 426 700 
FAX: +264 61 426 749
E-mail:consul@wh.mofa.go.jp
ホームページ: http://www.na.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。