海外

2021.07.21

赤道ギニア 国内移動においてPCR検査陰性証明書及びワクチン接種証明書が必要

赤道ギニア国内におけるワクチン接種強化のための追加措置が規定されました。

国内移動(地域・地区間の移動)において、PCR検査陰性証明書及びワクチン接種証明書が必要になります。

7月19日、赤道ギニア政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種強化のための追加措置を規定した省令を発表しました。概要は次のとおりです。

地域間及び地区間を自由に移動するために、旅行者はPCR検査陰性証明書及びワクチン接種証明書を所持しなければならない。

1-1 以下の第一線の公務員などは、感染リスクが高く、また感染源となる可能性を考慮して、ワクチン接種が義務づけられる。
a)医療従事者 b)警備員 c)教師 d)銀行職員 e)聖職者 f)スポーツ選手 g)市場、スーパーマーケットの販売員 h)レストランスタッフ i)18歳以上の学生

1-2 以下の者も同様にワクチン接種を受けるものとする。
a)60歳以上の高齢者 b)慢性疾患のある者 c)18歳から59歳までの者

2 公務員及び民間企業の職員の新型コロナウイルスへの感染レベルを下げるため、ワクチン証明書は、以下の場合においても要求される。
a)申請書の処理  b)スタジアムへの入場  c)娯楽施設  d)18歳以上の学校登録

追加規定:
関係省庁は、本制限措置の厳格な遵守のために必要な措置をとる権限が付与される。

廃止規定:
本省令に反する同列又は下位の規定は廃止される。

最終規定:
本省令は、国営メディア及び官報により公表された日から発効する。

【参考リンク】

○赤道ギニア政府/保健省ホームページ
https://www.guineaecuatorialpress.com/index.php

https://guineasalud.org/


○在ガボン日本国大使館フェイスブック
https://www.facebook.com/JapanEmbGabon/

【本件問い合わせ先】
在ガボン日本国大使館 領事班(赤道ギニア兼轄)
所在地:Boulevard du Bord de Mer, B.P.2259, Libreville, Gabon
電話番号:(+241)011-73-22-97 / 011-73-02-35
閉館時緊急連絡先:(+241)077-38-73-38
Email: amb.japon@lv.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。