海外

2021.07.13

エクアドル 入国時に必要な陰性証明はPCR検査のみ有効(2021年7月16日~)

エクアドル国家緊急事態委員会(COE)は、変異株の蔓延防止対策として、7月16日以降の入国条件の変更について発表しましたので、概要を以下のとおりお知らせ致します。

(COE決議書:西語)
https://www.gestionderiesgos.gob.ec/resoluciones-coe-nacional-de-09-de-julio-de-2021/

●エクアドル入国時
エクアドルに入国する方は、出発14日前までに取得したワクチン接種済証明書又は出発地における航空機搭乗前の72時間以内に実施された陰性証明が必要とされております。
陰性証明につきまして、7月16日以降はPCR検査(RT-PCR)のみ有効です(7月15日までは、PCR検査又は抗原検査(ANTIGEN TEST)が有効)。
下記に記載するブラジル又はインドを出国または経由して入国する場合を除き、入国後の隔離措置はありません。

●ブラジル又はインドからの入国
ブラジル又はインドを出国又は経由して入国する2歳以上の全ての方は、ワクチン接種済証明書の有無にかかわらず、出発地における航空機搭乗前の72時間以内に実施されたPCR検査による陰性証明の提示が必要となります(ブラジルから7月15日までに入国する場合は、エクアドルに到着する72時間以内に実施された検査結果(PCR検査又は抗原検査(ANTIGEN TEST)が有効による)が必要)。
また、陰性であっても入国後10日間は自己負担により自宅やホテルにおける隔離が必要となります。
(インドからの入国条件を厳しくするのは、今回が初めてとなります。)

エクアドルの出入国にかかる当局の発表は、今後、変更される可能性もありますので、皆様におかれましても最新の情報収集に努めるようお願い致します。

日本外務省は、エクアドルへの渡航につきまして「感染症危険情報:レベル3(渡航はやめてください:渡航中止勧告)」を発表しておりますので、十分ご留意願います。

(外務省ホームページ 海外安全情報:エクアドル)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_243.html#ad-image-0


在エクアドル日本国大使館  
電話番号:+(593)2-2278-700/ embapon@qi.mofa.go.jp
当館ホームページ:https://www.ec.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。