海外

2021.06.24

ポーランド 国境における検疫の強化

ポーランド在住の皆様
たびレジ登録者の皆様

<ポイント>

●6月23日(水)、クラスカ保健省副大臣が、多くの国で直近14日間の新型コロナウイルス感染症の感染率が、ポーランドより高くなっていることを受け、シェンゲン域外及びEEA以外からの入国者に対して、予防的に検疫の強化を行うと発表しました。

●これまでシェンゲン域外からポーランドへの入国者に対して課していた10日間の隔離措置を、ポーランド入国後48時間以内に受検した検査の陰性証明をもって、同措置を短縮終了とするとしていましたが、今後、同措置短縮のための検査の受検は、入国7日後にのみ許可されます(7日間は強制的に隔離となります)。

●シェンゲン域外からのポーランド入国者のうち、EUが認可しているワクチンを規定回数接種し、接種後14日を経過した者(以下、「予防接種者」)は、隔離措置が免除されます(入国時にポーランド語又は英語の接種証明書の提示が必要)。また、成人の予防接種者と一緒に移動する12歳未満の子供も隔離措置免除の対象となります。

●その他詳細は不明のため、政令等を確認でき次第、改めてお知らせします。

●現在、日本政府は、ポーランドについて感染症危険情報のレベル3を発出し、ポーランドへの渡航中止を勧告しておりますので、ご注意下さい。

6月23日(水)、クラスカ保健省副大臣が、多くの国で直近14日間の新型コロナウイルス感染症の感染率が、ポーランドより高くなっていることを受け、シェンゲン域外及びEEA(欧州経済領域)以外からの入国者に対して、予防的に検疫の強化を行うと発表しました。

1 これまでシェンゲン域外からポーランドへの入国者に対して課していた10日間の隔離措置を、ポーランド入国後48時間以内に受検した検査(PCR又は抗原検査)の陰性証明をもって、同措置を短縮終了とするとしていましたが、今後、同措置短縮のための検査の受検は、入国7日後にのみ許可されます(7日間は強制的に隔離となります)。

2 シェンゲン域外からのポーランド入国者のうち、EUが認可しているワクチンを規定回数接種し、接種後14日を経過した者(以下、「予防接種者」)は、隔離措置が免除されます(入国時にポーランド語又は英語の接種証明書の提示が必要)。また、成人の予防接種者と一緒に移動する12歳未満の子供も隔離措置免除の対象となります。

3 その他詳細は不明のため、政令等を確認でき次第、改めてお知らせします。

4 現在、日本政府は、ポーランドについて感染症危険情報のレベル3を発出し、ポーランドへの渡航中止を勧告しておりますので、ご注意下さい。


(問い合わせ先)
在ポーランド日本国大使館 領事班
☆電話:+48 22 696 5005
※開館時間のみ[09:00~12:30、13:30~17:00]。開館時間外に緊急を要する場合には大使館代表番号(+48 22 69
6 5000)へお掛けください(閉館時電話対応委嘱業者がまずは伺うことになります)。
☆メール:cons@wr.mofa.go.jp
☆HP:https://www.pl.emb-japan.go.jp/itpr_ja/ryouji.html

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。