海外

2021.05.21

ギリシャ 本土と島との間のフェリー乗船時の必要書類

 5月19日(木)に、ギリシャ政府による国内制限措置の延長と一部変更について当館からお知らせさせていただきましたが、これに伴い、本土と島との間を船舶で移動する際に、海運・島嶼政策省の質問票(乗船前申告フォーム)を提出することが義務づけられました。

 同質問票はギリシャ語表記ですので、記載要領については、下記の当館作成資料をご参考になさってください。

●質問票(海運・島嶼政策省)

https://www.ynanp.gr/media/documents/2021/05/17/%CE%94%CE%97%CE%9B%CE%A9%CE%A3%CE%97_%CE%A5%CE%93%CE%95%CE%99%CE%91%CE%A3_%CE%A0%CE%A1%CE%99%CE%9D_%CE%A4%CE%97%CE%9D_%CE%95%CE%A0%CE%99%CE%92%CE%99%CE%92%CE%91%CE%A3%CE%97__9ahaxgd.pdf

●質問票の記載要領(当館作成資料)

https://www.gr.emb-japan.go.jp/pdf/jousenmaeshinkokuform.pdf

 以前にお知らせさせていただいたとおり、本土と島との間のフェリー、航空便に搭乗する際には、上記質問票とともに、次のいずれかの証明書等の提示義務が課せられていますのでご注意ください。

(1)ワクチン接種証明書

(2)新型コロナウイルス検査の陰性結果証明書(出発前72時間以内のPCR検査陰性結果証明書、出発前24時間以内のラピッドテスト、または出発前24時間以内のセルフテストの陰性結果証明書)

 ※ フェリー利用時のセルフテスト結果については、質問票に記載することで証明書に代えることができるとされています。

(3)発症後2~9か月以内の新型コロナウイルス疾患または感染証明書

 レフカダ、エヴィア、サラミナについては質問票の提出は不要とのことです。その他、実際の運用方法など詳細につきましては、各フェリー会社に確認なさってください。

 なお、官報に記載がなかったため念のためエーゲ航空に確認しましたが、現在までのところ、航空機利用時には、このような質問票の提出義務は定められていないとのことです。 

在ギリシャ日本国大使館
電 話:210-670-9910、9911   
F A X:210-670-9981
H P:http://www.gr.emb-japan.go.jp
メール:consular@at.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。