海外

2021.05.07

ウガンダ 各カテゴリーによる入国時の措置

5月5日、ウガンダ保健省が発表した新型コロナウイルスに関する声明によると、現在日本からの渡航者はカテゴリー3に分類されています。当地への渡航を予定されている方は、引き続きウガンダ到着前120時間以内に受けたPCR検査での陰性証明書の携行が必要ですので、あせてご注意ください。

また、カテゴリー2に分類されているアラブ首長国連邦等をトランジットで通過した場合の取り扱いについては、現在確認中です。日本からの渡航者がドバイで乗り継いだ場合、エンテベ空港でPCR検査を実施する可能性がありますのでご留意ください。

現在の各カテゴリーおよびウガンダへの入国に関する措置は、以下の通りです。

カテゴリー1:インドからの渡航は、5月1日23時59分から停止。

カテゴリー2:アメリカ、イギリス、アラブ首長国連邦、トルコ、南アフリカ、エチオピア、ケニア、南スーダン、タンザニアからの渡航者は、エンテベ空港などの入国ポイントで、国籍に関係なくPCR検査(有料)を受ける。

カテゴリー3:カテゴリー1、2以外の国(日本含む)。カテゴリー1、2の措置を免除される。

●ウガンダ保健省が発表したプレスステートメント
https://www.health.go.ug/cause/update-on-the-covid-19-pandemic-situation-and-vaccination-program/

このカテゴリーは、ウガンダ保健省によって都度見直される予定です。国内での感染拡大を受け、さらなる措置がとられる可能性もありますので引き続き最新情報の入手に努めてください。

お問い合わせ先

○在ウガンダ日本国大使館
 住所:Plot No.8, Kyadondo Road, Nakasero, Kampala, Uganda.
    (P.O.Box 23553 Kampala, Uganda)
 電話:0312-261-564~6,
 領事部メールアドレス:ryoji@kp.mofa.go.jp
ホームページ: http://www.ug.emb-japan.go.jp/index_j.htm

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。