海外

2021.03.19

ブルガリア 全国規模でのレストランや教育機関等の閉鎖(2021年3月22日~3月31日)

【ポイント】

●22日(月)から31日(水)迄、国内全土でレストランや教育機関が閉鎖されます。
●3月18日新規感染者数4,201名、新規死者数136名。
●新規感染者数が初めて3日連続で4千名超え。
●累計死者数11,715名。人口当たりの累計死者数でブルガリアは世界第10位。
●直近7日間の死者数716名。人口当たりの直近7日間の平均死者数でブルガリアは世界第5位。
●入院患者数が3日連続で過去最多を記録(7,804名)。

【本文】

○18日の新型コロナウイルス対策本部ブリーフィングにおいて、全国規模で以下の措置が導入されることが発表されました(3月22日から31日迄予定)。

本件に関する保健大臣令が予定されており、発出され次第、詳細を改めてお知らせします。

◇レストラン等は閉鎖され、宅配及びテイクアウトのみ許可。ホテル内のレストランも宿泊客が各自室で食事を取れるよう要手配。
◇大型商業施設・モールの閉鎖(薬局、食料品店、クリーニング、料金支払系の店舗等は例外)
◇カジノ・ゲームセンター等の閉鎖。
◇会議・大会・セミナーの対面式実施の禁止。
◇フィットネス、プール等施設の閉鎖。
◇文化行事、博物館、映画館、劇場等の閉鎖。
◇15人以上の私的祝賀行事の禁止。
◇スポーツ大会等は無観客。
◇団体旅行の禁止。
◇屋外での公共集会、祝賀行事等の禁止。
◇青空市場ではマスク着用の上、1.5メートルの物理的距離を確保し、一方通行。
◇全ての学年の対面授業の停止。幼稚園・保育園の閉鎖。
◇高等教育機関の対面授業も一部例外を除き停止。

○また、同ブリーフィングでは、本措置導入への理解を求めたいとして、保健大臣をはじめとする出席者から以下の発言がありました。

(アンゲロフ保健大臣)

過去2~3週間で、新規感染者数及び入院患者数の増加が顕著であることから、本措置の導入を決定したことについて、理解を求めたい。

(ムタフチィスキ・新型コロナウイルス対策本部長)

過去1週間の10万人あたりの新規感染者は551人で、前週の40%増、その前の週から94%の増加。新規死亡者数では、前週から46%増、その前の週から124%増となり、10万人あたり18.6人の方が亡くなっている。

(ファンダコヴァ・ソフィア市長)

ソフィアの現在の入院者数は2,100人以上で、(前回の感染拡大時期の)昨年11月末の2,264人と同レベルになっている。3つの懸念される傾向として、子供の感染者数の増加、子供の入院患者数の増加、若年層の重症化ケースの増加が挙げられる。全国レベルの措置が31日(水)に終了した場合であっても、ソフィア独自の措置として、2日間、教育機関の閉鎖を延長(4月2日(金)迄)することを考えている。

○3月18日(木)時点のブルガリア国内の感染状況(ブルガリア保健省発表)。
検査数 17,652件
陽性率 23.80%
感染者累計 291,769名(前日比+4,201名)
死者累計 11,715名(前日比+136名)
治癒累計 230,457名(前日比+1,641名)
アクティブケース 49,597件
入院中 7,804名(前日比+204名)
集中治療中 609名(前日比-3名)
感染医療従事者累計 11,043名(前日比+70名)
ワクチン接種累計 350,702回(前日比+4,708回)
ワクチン2回接種済み累計 63,752名(前日比+2,024名)

地域別の前日からの新規感染者数
ブラゴエフグラド  :134
ブルガス      :291
ヴァルナ      :305
ヴェリコ・タルノヴォ:88
ヴィディン     :30
ヴラツァ      :122
ガブロヴォ     :62
ドブリッチ     :105
カルジャリ     :51
キュステンディル  :87
ロベチ       :74
モンタナ      :69
パザルジク     :95
ペルニック     :106
プレーヴェン    :149
プロブディフ    :263
ラズグラッド    :36
ルセ        :124
シリストラ     :112
スリヴェン     :91
スモリャン     :57
ソフィア県     :167
ソフィア市     :1,097
スタラ・ザゴラ   :157
タルゴヴィシテ   :22
ハスコヴォ     :113
シューメン     :123
ヤンボル      :71

前日からの死者136名の内訳
30代:     女性2名
40代:男性2名、女性2名
50代:男性10名、女性5名
60代:男性20名、女性9名
70代:男性34名、女性28名
80代:男性7名、女性14名
90代:男性2名、女性1名

統計サイト「Our World in Data」によると、3月17日時点で、ブルガリアは、人口100万人当たりの過去7日間の平均死者数で世界5位、人口100万人当たりの累計死者数で世界10位です。出典はこちら→ https://ourworldindata.org/grapher/covid-deaths-daily-vs-total-per-million?tab=table&time=2021-03-17

○当館フェイスブック「領事・安全情報ページ」では、毎日、新型コロナウイルス関連情報を掲載しています(基本的には領事メールと同じ内容)。これまでに当館が配信した領事メールを確認できますのでぜひご利用ください→ https://www.facebook.com/japanemb.bulgaria.anzen

○当館ツイッター(日本語)では、システム上の都合により領事メールでは掲載できない新規感染者推移グラフや詳細な地域別感染者統計表も毎日掲載しています。→ https://twitter.com/EmbassyBulgaria

○欧州域内の感染状況はこちら(欧州疾病予防センター(ECDC)HP)→ https://www.ecdc.europa.eu/en/cases-2019-ncov-eueea

○感染が疑われる場合の連絡先や、日本における各種水際対策、ブルガリアの入国規制等はこちら(当館HP)→ https://www.bg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid-19_FAQ.html

在ブルガリア日本国大使館領事警備班
電話:(国番号359)2-971-2708(代)(24h)
e-mail: consul.jpn-emb@sf.mofa.go.jp
HP: http://www.bg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。