海外

2021.03.18

ニカラグア 渡航に必要なPCR検査のオンライン申請

17日付,政府系広報「El19」は,渡航に必要なPCR検査を受検する際,事前にオンライン申請が必要となった旨発表してます。詳細は,以下「渡航に必要なPCR検査のオンライン申請」のとおりです。

本メールの新型コロナウイルス感染症関連情報は,「渡航に必要なPCR検査のオンライン申請」,「渡航の際のPCR検査実施場所」,「日本入国の際の留意事項」,「乗り継ぎの際の留意点」,「ニカラグア入国の際の留意事項」,「国際商用便の運航状況」,「新型コロナウイルス感染者数」です。

●渡航に必要なPCR検査のオンライン申請

渡航に必要なPCR検査を受検する際,事前に保健省HPでのオンライン申請が必要となりました。

1 申請方法は,以下のとおりです。

(1)パソコン,スマートフォンを用い,http://serviciosenlinea.minsa.gob.niから「laboratorio/」のアイコンを選択して,登録画面に進んでください。

(2)次に,登録画面である「Registro para pruebas COVID19」を選択し,必要情報(氏名,旅行書類,電話番号,住所,検査希望日(旅行日の72時間以内)を入力後,保存してください。保存が出来た場合は,「登録した情報の証明」がダウンロードでき,画面で確認できます。

(3)オンラインの登録後,検査実施場所で,「登録した情報の証明(画面上又は印字したもの)」と旅行書類,支払した証明を提示してください。(検査当日は、その他の必要書類(「渡航に際してのPCR検査実施場所等」6.参照)も持参してください)

2 検査結果

  検査結果は,検査当日の午後3時以降,文書を受領することもできますし,オンライン上(http://serviciosenlinea.minsa.gob.niから「laboratorio/」のアイコンを選択し,「RESULUTADO」のアイコンを選択することで確認することもできます。

●          渡航に際してのPCR検査実施場所等

1 対  象   者:他国に渡航予定で、PCR検査の陰性結果証明書の必要がある方

2 費    用:150米ドル

3 検査実施場所:マナグア市、El Complejo Nacional de Salud Dra.Concepcion Palacios内 El centro Nacional de Diagnostico y Referencia(略称「CNDR」)

4 実  施  日  時:月~土 午前7時~午前11時

5 結果通知日時:検査実施日の午後3時から午後5時

6 必要書類等

(1)身分証明書(身分証(Cedula)又は旅券)

  (2)航空券、若しくはフライトの旅程表

  (3)検査費用の支払い方法

    ア 現金払いの場合

      El Complejo Nacional de Salud Dra.Concepcion Palaciosの会計窓口における現金払い(領収書を受付で提示してください)

    イ 振込払いの場合

      検査実施時に受付で、以下、いずれかのBANPRO(el banco de la Production S.A)発行の振込証明書を提示して下さい。

    (ア)コルドバ払い:口座番号「10010002253784」の「TGR-MINSA」名義のもの

     又は、

    (イ)ドル払い:口座番号「10010012253774」の「TGR-MINSA」名義のもの 

●          日本入国の際の留意事項

3月19日以降,出国前検査証明書を所持しない方は,国籍を問わず,日本への上陸が認められなくなります(出国時に航空便への搭乗を拒否されます)。

日本入国後は,「誓約書」,「質問票」を提出し,また必要なアプリをスマートフォンにインストールする必要があります。

日本へ帰国される方は,必ず厚生労働省のHP(以下リンク)をご確認下さい。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

●          乗り継ぎの際の留意点

日本への帰路における乗継ぎの際,経由地が検疫の強化の対象国・地域に指定されている場合は、最終の経由地における出国時刻を起算点として,72時間以内の検査証明をニカラグア等で取得してください。

一方,経由地で空港外に出て滞在する場合は,滞在地のPCR検査の陰性証明書の取得が必要になることがあります。

・厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応) 

●          ニカラグア入国に際する留意事項

 1 旅行者の出発地がアジア,アフリカ,オセアニアの各地域の場合,入国時に,「入国前,96時間以内に実施されたPCR検査の陰性である証明書(英語又はスペイン語表記のもの)」を提示する必要があります。

 2 それ以外の旅行者は,入国時,「入国前,72時間以内に実施されたPCR検査の陰性結果の証明書(英語又はスペイン語表記のもの)」を提示する必要があります。

 3 外国人旅行者は,入国時,発熱や呼吸疾患などCOVID-19に関連する症状がみられた場合は,入国が拒否されます。

 4 ニカラグア国籍の方は,PCR検査の陰性証明書提示した場合,入国時に発熱や呼吸疾患の症状がある場合でも入国できます。しかし,確立された手続きに従って,自宅での隔離が行われます。

 5 PCR検査の陰性結果を提示し,かつ呼吸疾患の症状がみられない旅行者は,入国後,国内を自由に移動できます。但し,入国から14日間,医療従事者から電話による健康状態の確認があります。

※          これまで航空会社によっては,PCR検査の陰性証明書の検体採取方法を「鼻咽頭ぬぐい液方式」を指定してきた場合があります。

「鼻咽頭ぬぐい液方式」:「英語表記:Nasopharyngeal Swab」,「スペイン語表記:Hisopado」

※          また,事前に,航空会社へPCR検査の陰性証明書をメール等で送付することが必要な場合もあります。

詳細については,航空会社・旅行会社に,必ずご確認することをお勧めいたします。

●国際商用便の運航状況(最新の情報は,随時,各航空会社のHPでご確認ください。)

・再開済み
アビアンカ航空(マイアミ行)
コパ航空(パナマ行)

・再開予定
アメリカン航空:4月2日(マイアミ行)
ユナイテッド航空:5月1日(ヒューストン行)
アエロメヒコ航空:6月1日(メキシコシティ行)
スピリット航空:未定

・その他

   特別便が運航することもありますので,詳細は当地旅行会社にお問い合わせください。

●新型コロナウイルス感染者数

○ ニカラグア保健省によりますと,3月16日現在,新型コロナウイルス患者は累計5,251名,死亡者は176名です。

〇 市民監視団体(「Observatorio Ciudadano COVID-19 Nicaragua」)によれば,2020年3月14日から今年3月10日までに,全国で13,237人の新型コロナウイルス感染及び感染疑いが報告されています。同期間に,新型コロナウイルスの感染により亡くなった疑いの濃い死者数は3,002人と報告されています。

引き続き,不要不急の外出を控え,人との接触を減らし,感染予防に努めてください。

 

在ニカラグア日本国大使館 領事班
Embajada del Japon en Nicaragua, Seccion Consular
 TEL:(505)2266-8668~8671 FAX:(505)2266-8566
メール: consuladojp@mg.mofa.go.jp
緊急時:(505)8853-3130

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。