海外

2021.02.25

ナミビア 政府による措置の延長(~2021年3月31日)

2月24日、ナミビア政府は、国内における新型コロナウイルス感染件数が引き続き増加傾向にあるとして、現行の措置を基本的に変更することなく3月31日まで延長すること等を公表しました。このうち重要な点及び最新の措置内容は以下のとおりです(発表された原文は以下のリンクをご覧ください)。

(大統領ステートメント)https://www.na.emb-japan.go.jp/files/100152749.pdf
(保健大臣ステートメント)https://www.na.emb-japan.go.jp/files/100152750.pdf

【ナミビア政府発表措置内容要旨】

1 ナミビアにおける感染状況

(1)ナミビアにおける現時点での感染者数は2,058人、累積感染者数は37,896人。感染者数には増加傾向が見られ、特に北部(東カバンゴ州、西カバンゴ州、オシコト州、オシャナ州)における小中学校の生徒の感染者数の増加が顕著である。

(2)ナミビア政府は、感染者追跡調査、新型コロナウイルス感染症検査、国民への情報提供、医療インフラの整備等を含め、同感染症対策のほぼ全ての分野について、うまく対応できていると分析している。しかし、新型コロナウイルス感染症関連の死者数は2月23日現在で411人であり、3月までに338人と予測していた疾病予測モデル(disease projection model)の数値を上回っている。

(3)ナミビア政府は、南アで確認された変異株がナミビアにもあるか、あるとすればどの程度蔓延しているのかを調査する遺伝子配列検査のためのサンプルを採取し、南アの研究所(National Institute for Communicable Diseases of South Africa)に提出した。検査結果は来週中にも届く見込みである。

2 2月25日から3月31日までの措置(従来の措置から以下(2)及び(3)のみ変更)

(1)公共の場(公共交通機関等を含む)におけるマスク着用は必須である。
(2)集会の人数制限は50人とし、対人距離は2m以上とする。また、20時を過ぎる集会は禁じる。なお屋内での集会のみは2時間を越えてはならない。
(3)22時から翌日4時まで外出禁止とする。
(4)バー、ナイトクラブ、カジノ、レストラン等で酒類を提供可能な時間帯は、月曜から土曜までの9時から20時までとする。
(5)外国籍のナミビア入国者は、入国前7日以内(注:検体採取から起算)に取得したPCR検査陰性証明書を入国時に提示しなければならない。入国後の検疫隔離は不要。
(6)違反者に対する罰則は、10万ナミビアドル以下の罰金又は10年以下の禁固刑である。

 

(連絡先)

在ナミビア日本国大使館 領事班
住所:78 Sam Nujoma Drive, Klein Windhoek, Windhoek, Republic of Namibia開館時間:8:30-12:45 13:45-17:00
電話:+264 61 426 700
FAX: +264 61 426 749
E-mail:consul@wh.mofa.go.jp
ホームページ: http://www.na.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。