海外

2021.01.15

セネガルにおけるPCR検査証明書の取得について

○8日、日本において決定された新たな水際対策措置により、セネガルを含む入国拒否対象国・地域から帰国する日本人について、新たに出国前72時間以内の検査証明書の提出が求められることとなりました。

○セネガルでは、パスツール研究所、IRESSEF等の医療機関において、日本政府指定のフォーマットによる検査証明書の作成が可能です。

1月8日、日本において新たな水際対策措置が決定されました。これに伴い、セネガルを含む入国拒否対象国・地域から帰国する日本人について、新たに出国前72時間以内の検査証明書の提出が求められることとなりました。検査証明書は日本政府指定のフォーマットに記入いただく必要がございますので、ご留意ください。

 セネガルで日本政府指定のフォーマットによる検査証明書が作成可能な医療機関は、以下のとおりです。検査の際にあらかじめ氏名等必要事項を記載したフォーマットを医師に手交し、検査結果の追記や署名等を依頼してください。

(1)Institut Pasteur de Dakar(Tel : +221 33 839 9200)

(2)Institut de Recherche en Sante, de Surveillance Epidemiologique et de Formation (IRESSEF)(Tel: +221 33 872 2664)

(3)Hopital Aristide Le Dantec(Tel: +221 33 823 5896)

(4)Hopital militaire de Ouakam(Tel: +221 33 820 5414)

 いずれも代表番号に架電の上、予約をすることが可能です。一回当たりの検査料は4万FCFA、パスツール研究所とIRESSEFは、出張による自宅での検体採取も可能とのことですので、必要に応じご利用ください(パスツール研究所:1万5千FCFA、IRESSEF:2万FCFA。料金は変動することがありますのでご承知置きください)。なお、日本が求める要件はセネガル出国前72時間以内の検査証明書ですが、セネガルで検査受検が可能となるのは出国前48時間以内となりますので、ご留意ください。各機関での検査に際しては、受検者の旅券のほか、航空券の提示が求められます。

 (参考ウェブサイト)

●外務省海外安全HP(各国の感染状況、渡航制限措置等)
https://www.anzen.mofa.go.jp/

●厚生労働省新型コロナウイルス関連サイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

●在セネガル大使館HP日本語版
https://www.sn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

●セネガル保健省HP
http://www.sante.gouv.sn/

 

【問い合わせ先】
在セネガル日本国大使館
taishikan.senegal@dk.mofa.go.jp
Tel+221-33-849-5500, Fax+221-33-849-5555 (夜間緊急 +221-77-569-8103)

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。