海外

2020.10.26

アルメニア 3度目の停戦合意及び停戦違反について

ポイント

・アルメニア政府は昨晩、米国の仲介により本26日午前8時をもってナゴルノ・カラバフ地域における軍事衝突の停戦に合意したと発表しましたが、報道によれば、既にアゼルバイジャン側による停戦違反があった模様です。

・ナゴルノ・カラバフ地域及びその周辺、対アゼルバイジャン国境周辺地域へ決して近づかないでください。

本文

1 アルメニア政府は昨晩、アゼルバイジャンとの軍事衝突に関して、10月10日に合意した捕虜交換、戦死者の遺体回収等の人道目的による停戦について、米国の仲介により、アゼルバイジャンとの3度目の合意をし、26日午前8時から発効する旨を発表しました。しかし、アルメニア政府は、午前8時45分にアゼルバイジャン側からの砲撃による停戦違反があった旨発表しており、予断を許さない状況です。

2 今回の停戦は人道目的の一時的なものであり、今後の停戦の履行について不透明であり、引き続きナゴルノ・カラバフ地域及びその周辺、対アゼルバイジャン国境周辺地域へは決して近づかないでください。

3 アルメニア国内では、国際機関や主要国大使館に対する抗議活動やデモが発生しています。当地滞在の皆様におかれましては、デモや集会などに遭遇しても近づくことなくその場を離れるようにしてください。

4 繰り返しになりますが、当地に3か月以上滞在されている又は3か月以上滞在を予定されている方で、旅券法に定める在留届を未だ提出されていない方は、これを確実に提出し、当館との連絡体制を確保してください。また、提出されている方で連絡先等、在留届の内容に変更があった場合、当地を既に離れ帰国し又は他国に居住している場合は、変更届・帰国届を提出してください。

3か月以内の滞在予定の短期滞在者の方で当館に連絡先をお知らせいただいていない方は、当館までお知らせいただくようお願いします。また、すでに出国された方は併せて当館にもお知らせください。

 在留届電子申請用サイト
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

【問い合わせ先】

在アルメニア日本国大使館 
所在地:23/4, Babayan Str.Yerevan, Republic of Armenia 
連絡先:+374(11)523010(10:00~17:00) 
緊急連絡先(領事):+374(41)434145 
メールアドレス:embjp@yv.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。