海外

2020.10.01

グアテマラ 災害事態宣言終了に伴う短期滞在(観光ビザ)の在留可能期間について

〇10月1日以降、当国における滞在可能日数の計算が10月1日を起算日として再開されます。

〇災害事態宣言が有効であった3月5日から9月30日までの間は、在留期間として計算されません。

○3月5日以降滞在可能であった日数分は、10月1日以降も移民庁への滞在延長申請なく滞在することが可能です。

 グアテマラ移民庁によると、今般の災害事態宣言の終了にともない、10月1日を起算日として、在留期間(滞在可能日数)の計算が再開されるとのことです。

 これまでの災害事態宣言下(3月5日から9月30日までの間)は、在留期間として計算されませんので、3月5日以降滞在可能であった日数分は、10月1日以降も滞在延長申請の必要なく引き続き滞在可能と考えられます(※)。

 ただし、3月5日以前にすでに滞在許可が切れている方、滞在可能日数をオーバーしている方は、滞在許可が切れた日以降のすべての日数分の罰金(1日当たり15ケツァル)が科されることが想定されます。

 今後、当国移民庁への申請をお考えの方は以下のリンクを参考にしてください。

移民庁:https://igm.gob.gt/visas-prorrogas-y-permisos/ 

※(例)2月4日に入国した場合(滞在可能日数を90日と仮定)

◆滞在可能な最終日(この日までに出国するか、滞在延長手続きを行ってください。)

 11月29日

◆計算方法

・ 2月4日から 3月 4日:30日間
・ 3月5日から 9月30日: 0日間
・10月1日から11月29日:60日間

◆注意事項

 短期滞在(観光ビザ)の延長は1回まで可能です。ただし2回目の延長はできません。

在グアテマラ日本国大使館
電話:2382-7300(代)

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。