海外

2020.09.18

アルメニア 非常事態宣言の終了を受け国際線が運行再開(2020年9月11日~)

ポイント

・現在、9月11日の非常事態宣言解除を受け、複数の国際線航空会社が当地間の定期便が運航を再開しています。

・搭乗条件や行き先国に入国できない場合などにより航空便の利用ができないことや、到着国から入国を拒否されることがありますので、ご利用の際は各航空会社の搭乗条件、行き先国政府発表を確実に確認(印字して携帯する)等してください。

本文 

1 非常事態宣言の終了を受け、複数の航空会社はアルメニア間の国際線定期便を再開しています。

なお、利用に際しては行き先国の入国の要否、航空機の搭乗条件(COVID19陰性証明書などの提出、マスクの着用など)、最新の運航状況等を確実に把握した上でご利用ください。

2 当館で現在把握している主な路線は次のとおりです。

●フライドバイ航空:週4便(当地発着:月、水、金、日)のエレバン-ドバイ間の定期便運航(エミレーツ航空とのコードシェア便)

●エールフランス航空:週3便(当地発:月、水、土、当地着:火、金、日)のエレバン-パリ間の定期便(デルタ航空、オランダ航空コードシェア便)

●カタール航空:週5便(当地発着:月、水、金、土、日)のエレバン-ドーハ間の定期便

●オーストリア航空は週3便(当地発着:月、水、土)のエレバン-ウィーン間の定期便運航(ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空とのコードシェア便)

●ベラヴィア航空は週7便(当地発着:毎日)のエレバン-ミンスク間の定期便運航

※ ロシア各地行き、ウクライナ行き便などは、到着地の外国人の入国制限措置により永住許可などの無い場合は利用ができないため、掲載していません。

3 滞在中の皆様におかれましては、今後も継続して、人と人との距離を2メートル以上とる、家や職場の換気、十分な睡眠をはじめとする自己健康管理をしっかりして、自分と家族を守るとともに、他人に感染させないよう不断の注意が必要となります。

 特に「三つの密(密閉,密集,密接)」の回避,マスクの着用,石鹸による手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒や咳エチケットの励行などをお願いします。 

 また、万が一ウイルス感染が疑われる場合は、下記の保健省ホットラインに加え、当館へも連絡いただくようお願いいたします。

【新型コロナウイルスに関する参考情報】

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)ホームページ 
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

保健省ホットライン(自己隔離中に感染症状が見られる場合) 

 060 838 300番 
 011 208 141番

ご質問等ありましたら,電話やメールで下記までお問い合わせください。 

【問い合わせ先】  
在アルメニア日本国大使館  
所在地:23/4, Babayan Str. Yerevan, Republic of Armenia  
連絡先:+374(11)523010(10:00から17:00)
緊急連絡先(領事):+374(41)434145  
メールアドレス:embjp@yv.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。