海外

2020.06.18

スペイン クリミア・コンゴ出血熱の新規症例確認

1.クリミア・コンゴ出血熱の新規症例確認

(1)カスティージャ・イ・レオン州政府は6月11日付のプレスリリースで,クリミア・コンゴ出血熱の新規症例が確認された旨,発表しました。

(2)発表によれば,患者(男性)は5月下旬にサラマンカ県の松林地域でダニに咬まれたもので,現在症状は安定しており,同州保健局はスペイン保健省と連携して対応中とのことです。

(3)スペインに居住されている方,または渡航・滞在される方は,各種ホームページ等から最新の情報を入手するとともに,ダニに咬まれない,家畜などにむやみに触れない等の予防に努めてください(下記2.(4)参照)。また,発生地域から帰国し,疑わしい症状がある場合には,早期に医療機関を受診し,適切な診断・治療を受けてください。

2.クリミア・コンゴ出血熱について

(1)感染源

ウイルスを保有したマダニに咬まれたり,ウイルスに感染した動物(特にヒツジなどの家畜)や人の血液等に接触することにより感染します。中国西部,東南アジア,中央アジア,中東,ヨーロッパ,アフリカで発生がみられます。

(2)症状

2~9日の潜伏期間ののち,発熱,関節痛,発疹,紫斑(出血),意識障害などの出血症状がみられます。症状出現後2週間ほどで約30%が死亡します。回復する場合は,症状出現後9~10日で症状が改善します。

(3)治療方法

特別な治療法はなく,症状に応じた治療が行われます。

(4)予防方法

ワクチンや予防薬はありません。

草木の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には,長袖,長ズボンを着用し,素足でのサンダル履き等は避けるなど,ダニに咬まれないよう注意してください。また、家畜にむやみに触れないよう心がけてください。

3.参考情報

(1)厚生労働省検疫所
https://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name38.html

(2)国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/a/vhf/cchf/1116-idsc/iasr-out/1089-iasr-f-1997-2011.html

(問い合わせ先)

○在スペイン日本国大使館
 住所:Calle Serrano 109, 28006 Madrid, SPAIN
 電話:(+34) 91-590-7600
 FAX:(+34) 91-590-1321
 ホームページ:https://www.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在バルセロナ日本国総領事
 住所:Avda. Diagonal, 640, 2a planta D 08017 Barcelona, SPAIN
電話:(+34) 93-280-3433
 FAX:(+34) 93-280-4496
 ホームページ:https://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5367
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1

○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

○外務省 海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。