海外

2022.07.25

エチオピア│日本政府による感染症危険情報(サル痘)の発出

【ポイント】
●7月23日、世界保健機構(WHO)は、サル痘の感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」であると認定。
●外務省は、サル痘にかかる感染症危険情報レベル1(十分注意してください)を発出。

【本文】
1 7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」である旨認定しました。WHOによれば、これまでにサル痘の感染は75か国・地域、累計で16,000人以上の確定症例が報告されており、感染は世界的な広がりを見せています。  

2 こうした状況も踏まえ、全世界に対し、サル痘にかかる感染症危険情報レベル1(十分注意してください)を発出しました。
在留邦人の皆様におかれては、上記の状況や、別途各国・地域に対して発出されている新型コロナ感染症にかかる感染症危険情報も踏まえた対応を御検討願います。
 
3 当館は引き続き、ホームページやメールを通じ皆様対して適時適切な情報発信・注意喚起を行っていきます。

外務省ホームページ「海外安全情報」
https://www.anzen.mofa.go.jp/ 

厚生労働省ホームページ「サル痘について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/monkeypox_00001.html 

厚生労働省検疫所ホームページ「FORTH」
https://www.forth.go.jp/news/20220521_00001.html 

【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》
0911-503-181(伊田)toshio.ida@mofa.go.jp 
0911-216-773(吉田)shoichi.yoshida-2@mofa.go.jp 
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。