海外

2022.06.28

ペルー│サル痘の発生状況(ペルー国内での感染者の確認)

○26日、ペルー保健省は、リマ首都圏において、ペルー国内で最初のサル痘の感染者が確認されたと発表しました。
○感染者との直接接触や、感染者が使用したシーツや洋服に触れると感染しますので、注意してください。

1 26日、ペルー保健省は、リマ首都圏において、ペルー国内で最初のサル痘の感染者が確認されたとコミュニケを発表しました。同コミュニケにおいて、次のとおり説明しています。
(1)感染者とその家族、彼らと接触した者は隔離されており、健康状態も安定しています。
(2)保健省は、現在、感染の調査と感染者と接触のあった全ての者の追跡調査をしています。
(3)サル痘は、皮膚、粘膜、怪我、体液による直接接触(口や目への飛沫感染を含む)及び使用済のシーツや包帯、洋服に触れることよって感染することから、感染防止のためにこれらのことに留意するよう国民にお願いします。
(4)背中の痛み、頭痛、倦怠感、発疹の症状が現れた場合には、至近の保健施設に行くよう勧めます。国内の保健施設では、サル痘に対応するための準備は整えられています。

2 サル痘につきましては、これまでも外務省より広域情報が発出されていますので、以下の情報もご覧ください。 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C054.html 

3 渡航・滞在を予定される方、及び既に滞在中の方は、報道等により、最新の情報の入手に努めるとともに、感染症対策について十分に注意してください。

【問い合わせ先】
在ペルー日本国大使館 領事部
Av. San Felipe 356,Jesus Maria, Lima, Peru
電話:(+51-1)219-9551
consjapon@li.mofa.go.jp 
https://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html 
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。