海外

2022.04.20

ニジェール│空路による出 入国の条件の緩和

【ポイント】
4月14日、ニジェール政府は、過去数週間における国内での感染の大幅減という状況を踏まえ、空路による出入国の条件を以下のとおり緩和することを閣議にて決定しました。

【本文】
1 到着する渡航者
(1)最後のワクチン接種日から少なくとも4週間経過している渡航者は、今後、PCR検査を求められない。
(2)ワクチン未接種者、または、最後のワクチン接種日から少なくとも4週間経過しているワクチン接種証明書を提示しない渡航者は、PCR検査が求められる。

2 出発する渡航者
(1)最後のワクチン接種日から少なくとも4週間経過しているワクチン接種証明書を提示する全ての渡航者は、PCR検査を求められない。
(2)ワクチン未接種者、または、最後のワクチン接種日から少なくとも4週間経過しているワクチン接種証明書を提示しない全ての渡航者は、PCR検査が求められる。

3 PCR検査結果の有効性
(1)UEMOA諸国の在留者は、検体採取日から5日間である。
(2)UEMOA諸国外の在留者は、検体採取日から72時間である。
(3)これらの措置は、本件指令(directives)の公表日から効力を生ずる。
(4)渡航者は、ニジェールを出発する前に、渡航先の国及びトランジット先の国で適用される新型コロナウイルス対策について情報を得る必要がある。
(5)ニジェール政府は、国民に対し、個人及び集団の保護措置を尊重し、新型コロナウイルスの予防接種の受検を促す。


【連絡先】 在コートジボワール日本国大使館(トーゴ、ニジェールを管轄)  
大使館代表:(225)27 20 21 28 63(内線111)
HP:https://www.ci.emb-japan.go.jp/itpr_ja/ryouji_j.html
Eメール :consulat@aj.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。