海外

2022.02.12

ベルギー|コロナ・バロメータ橙色へ移行(2022年2月18日~)

ベルギーにお住まいの皆様、及びたびレジ登録者の皆様へ

昨11日、協調委員会が行われ、首相府よりコミュニケが発出されましたので、仮訳文を以下のとおりご案内いたします。

(参照アドレス:ドゥ=クロー連邦政府首相ホームページ)
https://www.premier.be/fr/code-orange-a-partir-du-18-fevrier-fin-de-heure-de-fermeture-horeca-reouverture-du-monde-de-la-nuit

(タイトル)2月18日からコードが橙色に。飲食業に課されていた閉店時間の終了及び夜間業界の再開 

(本文) 

2月18日朝より、コロナ・バロメータは、橙色へと移行する。これは、協調委員会で決定した事項である。本決定は、飲食業に課されていた閉店時間の終了、ナイトライフの再開及び屋内・屋外のあらゆるタイプのイベントの実施の許可を意味する。テレワークは、もはや義務ではなくなるが、引き続き推奨される。 

協調委員会は、オミクロン変異株波の感染がピークに達し、新感染者数がこの二週間で減少したことを確認する。並行して、感染再生産率及び入院率は、1を下回っており、これはウィルス蔓延の鈍化を確認するものである。新入院者数も減少が始まっており、集中治療室におけるコロナ患者の入院数も同様である。 

上記変化に基づき、協調委員会は、2月18日金曜日からコード橙色に移行することを決定した。以下が、本決定以降の具体的な形態である。 

1 飲食業

・課されていた閉店時間は消え、一テーブルあたりの人数制限及び着席による消費の義務も同様に消える。 
・職員のみ、マスク着用義務を負う。 
・ナイトライフは、能力の70%を取り戻すことが可能となる。 

2 イベント

・屋内及び屋外のあらゆる公的イベントは、常に許可される。 
・マスク着用は、以下の場合に義務となる。 
-屋内における動的ではない(non dynamique)活動 
-屋内及び屋外における動的な(dynamique)活動については、職員のみ。 
・コロナ・セーフ・チケットは、すべての屋内50名以上の活動及び屋外100名以上の活動において義務となる。 
・200名という収容数(capacite)は、常に許可されるが、次の場合、さらに増やすことができる。 
-屋内での動的な活動の場合には、その収容数の70%まで。 
-屋内での動的ではない活動及びすべての屋外の活動の場合には、その収容数の80%まで。 
-屋内活動の場合、空気の質が二酸化炭素濃度の計測平均値(対象)900ppmを下回るときには、その収容数の100%まで。 
-屋外活動の場合、地元治安ユニットの肯定的意見が出されたあと、最大2000名までの区画を以て活動する、または、追加的な混雑管理措置が取られるときには、その収容数の100%まで。 
・結婚式及び葬式は、現在のとおり、許可される。 

3 組織化された娯楽活動

屋外の娯楽活動に関しては、もはや、最大収容数はなくなる。
屋内の娯楽活動に関しては、200名という最大収容数が適用される。この最大数は、スポーツのキャンプを除き、スポーツ活動には適用されない。 

4 換気

協調委員会は、屋内空間の良好な換気の重要性を強調する。二酸化炭素限界値が1500ppm、換気流量が一人当たり18立方メートル、または、空気清浄が1時間・一人当たり18立方メートルに達している場合は、収容数を減らす、または、他の措置が講じられなければならない。

5 テレワーク

テレワークの義務は解除される。しかしながら、テレワークは、可能な限り引き続き推奨される。

6 買い物

買い物に関する規制はもはやなくなる。店舗に課されていた夜間の閉店時間はなくなる。

7 マスク着用義務

2月19日以降、マスク着用義務は、12歳以上の者のみとなる。

8 渡航の規則

ベルギーに入国する渡航者については、出発国の色識別コードはもはや考慮されなくなる。ベルギーにおいて主たる住居を有していない者であってEU・シェンゲン加盟国または第三国から到着したものは、今後は、有効なワクチン接種証明書、検査証明書又は回復証明書を所持していなければならない。しかしながら、48時間ルールや運送者や越境労働者といった一部のカテゴリーの渡航者の例外といった、非常に高いリスクゾーン(注:現時点で指定されているゾーンはなし)に関する規則、必要不可欠な渡航・必要不可欠ではない渡航に関する規則は、引き続き適用される。 

欧州理事会勧告2022/107及び世界的なオミクロン株の蔓延進展に伴い、協調委員会は、証明書を以下のとおり適応することを決定した。 

・ワクチン接種証明書は、初期接種(primovaccination)については有効期間270日、ブースター接種の場合は、制限なしとする。 
・検査証明は、抗原迅速検査の場合は有効期間24時間とする。注意:抗原迅速検査居ついては、欧州レベルで承認された検査のみ受け入れられる。PCR検査は、有効期間72時間とする。 
・協調委員会は、全公衆衛生担当大臣に対し、渡航の際の追跡及び検疫隔離を簡易化するよう要請する。

*****************
■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html

*****************
■■ベルギー国立公衆衛生研究所では,新型コロナウイルスに関する感染者数等の情報を公表しています(毎日午前4時に更新)
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_200923-1.html
*****************

【お問い合わせ先】 
在ベルギー日本国大使館 
住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique 
電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部) 
Fax :(02) 513-4633 
ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。