海外

2022.01.22

ベルギー|コロナバロメーター「赤コード」の導入(2022年1月28日~)

ベルギーにお住まいの皆様、及びたびレジ登録者の皆様へ

本日、協調委員会が行われ、首相府よりコミュニケが発出されましたので、仮訳文を以下のとおりご案内いたします。

(参照アドレス:ドゥ=クロー連邦政府首相ホームページ)
https://www.premier.be/fr/le-comite-de-concertation-approuve-le-barometre-corona-code-rouge-a-partir-du-281

【本文】

(タイトル)協調委員会は、コロナバロメーターを承認した。1月28日以降、赤コードとなる。

協調委員会は、本日、コロナバロメーターを承認した。バロメーターに基づく措置は、赤コードに従い、1月28日以降効力を生ずる。ブースター・ワクチンは、3月1日以降、コロナ・セーフ・チケットに追加される。

協調委員会は、感染者数の純増が続いていることを確認した。感染・入院の再生産率は、引き続き1を超えており、これは、ウィルスの蔓延増加を示している。入院者数も増加しているが、一方で、コロナ患者によって占められる集中治療室病床数は微減しており、これは病理的ではないが、純粋により感染しやすいという、オミクロン変異株の性質を反映している。

1.コロナバロメーター

目的
コロナバロメーターは、政策及び発信の積極的な準備のための道具たらんとするものであり、関連する分野に対して予見可能性を提供し、協調委員会の決定を構造化し、その決定をより透明性のあるものにするはずである。

黄、橙及び赤コード
コロナバロメーターは、医療機関に対する負担のレベルを反映し、3つの段階からなる。
-黄コード:感染状況及び病院への負担が、コントロールされている。(注1)
-橙コード:医療制度に対する負担が増加し、その傾向を反転させるための介入が必要になっている。(注2)
-赤コード:医療制度の過剰負担の高いリスク(注3)

(注1)一日あたりの新入院者数:65未満、集中治療室の占拠数:300床未満。一方向または逆方向へのフェーズの変化のありうべき加速のため、数字の傾向は、常に考慮に入れられなければならない。
(注2)一日あたりの新入院者数:65~149人、集中治療室の占拠数:300~500床。一方向または逆方向へのフェーズの変化のありうべき加速のため、数字の傾向は、常に考慮に入れられなければならない。
(注3)一日あたりの新入院者数:150人以上、集中治療室の占拠数:500床より多い。一方向または逆方向へのフェーズの変化のありうべき加速のため、数字の傾向は、常に考慮に入れられなければならない。

協調委員会は、適用されるコードを決定するため、感染状況の全体の評価、とりわけ医療機関に対する負担を考慮し、精神的な健康に対する特段の注意を払う。

関連分野
バロメーターは、公のイベント、飲食業及び娯楽活動に集中する。屋内か屋外か、動的かそうではないかが区別される。他の分野は、追って徐々に追加されうる。教育及び社会的接触のある分野は、バロメーターには含まれない。

2.1月28日以降、赤コード

協調委員会は、学校、企業、医療及び公的サービスにおける欠勤数の増加を招いている、とりわけ入院者数増加の加速、高い陽性率、及びオミクロン変異株の激しい蔓延に基づき、1月28日以降、以下の措置と共に、赤コードの導入を決定した。

●公のイベント

劇やサッカーの試合などの公のイベントは、ダンスパーティなどの屋内に於ける動的なイベントを除き、屋内及び屋外での実施が許可される。
マスク着用は、屋内及び屋外において義務となる。コロナ・セーフ・チケットは、屋内50人以上及び屋外100人以上の場合には義務となる。
最大200名以上収容することについては常に許可される。最大の会場においては、空気の質が900ppmを下回るという条件で、70%さらには100%の収容率が許可される(注:記載のまま)結婚式及び葬式は、現時点では、許可される。

●飲食業

飲食業の閉店時間は、深夜0時に延長。マスク着用は、引き続き、顧客及び職員とも適用しなければならず、コロナ・セーフ・チケットは,義務となる。一方で、1テーブル6名及び立食の禁止は、引き続きルールとなる。
ナイトショップやディスコ(屋内・動的なもの)は、引き続き閉鎖される。

●グループでの組織化された活動

青少年活動などのグループでの組織化された活動、団体活動及びアマチュアのスポーツの実施は,許可される。
最大人数は、屋内80名、屋外200名となる。キャンプ及び宿泊は許可される。

●一連の屋内活動の開放

ディスコ及びダンスを除き、現在、閉鎖されている以下の屋内スペースは、一般に開放される:遊園地、屋内遊戯場、動物公園・動物園、亜熱帯プール及びプールの娯楽場、トランポリンパーク、ボーリング場、ダーツ場、スヌーカー場及びビリヤード場、ピンボールセンター、レーザーゲーム、脱出ゲーム場,カジノ、ゲームセンター及び賭博場

●テレワーク、買い物及びマスク着用

テレワークに関する現在の措置(週4日テレワーク)、安全な状況での買い物及びマスク着用は引き続き適用される。

●3月1日以降のワクチン接種証明の有効性

ブースター接種は、ウィルスに対する重要な保護となる。したがって、協調委員会は、コロナ・セーフ・チケットにおけるワクチン証明書の有効期間を、3月1日以降、270日間から150日間へと短縮することを決定した。ブースター接種の有効性は制限なしとなる。
このことは、10月1日前に、1回(ジョンソン&ジョンソン)または2回(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)のワクチン接種済みとなった全ての者は、3月1日前までにブースター接種を行わなければならないことを意味する。
回復証明書の有効性は、同様に150日間となる。
当該変更は、18歳以上の者のみに関するものである。

●感染症緊急事態の延長(「パンデミック」法)

リスク・アセスメント・グループのリスク分析及びコロナ委員の意見によれば、現在,法律により規定されている累積基準が満たされており、連邦アプローチ(注:地域レベルではなく、連邦レベルによるアプローチ)が引き続き必要である。
協調委員会は、感染症緊急事態の2022年4月28日まで3ヶ月の延長に留意する。この緊急事態は、定期的に評価される。

●ワクチン接種率の上昇

最後に、協調委員会は、ワクチン接種率や協調委員会により要請していた意見に関するコロナ委員の評価についても公式に認めた。
協調委員会は、全政府(注:連邦政府、地域政府、共同体政府)に対し、迅速な議会での議論のため、本件(注:コロナ委員の評価)を各議会に付託するよう求める。議会は、また、コロナ・セーフ・チケット及びパンデミックの管理におけるその有効性の価値を評価するよう要請される。

【別添】

飲食業のバロメーター: https://www.premier.be/sites/default/files/articles/FODKAN_BAROMETER_HORECA_FR_DEF2_ZONDER.pdf

イベントのバロメーター: https://www.premier.be/sites/default/files/articles/FODKAN_BAROMETER_PUBLIEKSEVENEMENTEN_FR_DEF2_ZONDER.pdf

娯楽活動のバロメーター: https://www.premier.be/sites/default/files/articles/FODKAN_BAROMETER_VRIJETIJDSACTIVITEITEN_IN_GROEP_FR_DEF2_ZONDER.pdf

*****************
■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html

*****************
■■ベルギー国立公衆衛生研究所では,新型コロナウイルスに関する感染者数等の情報を公表しています(毎日午前4時に更新)
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_200923-1.html
*****************

【お問い合わせ先】 
在ベルギー日本国大使館 
住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique 
電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部) 
Fax :(02) 513-4633 
ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。