海外

2021.11.26

ケニア 南アフリカをはじめとする南部アフリカ6か国及び香港からの渡航者に対する水際対策措置を強化(2021年11月26日~)

26日、ケニア保健省は、新たな新型コロナウイルス水際対策措置に関する発表を行いました。今回やこれまで同様、当地外交団等に対して何ら予告なく、ケニア側措置が突然変更される可能性もありますので、引き続きケニア政府の発表等に留意いただきますようお願いします。
また、併せて、11月22日付領事メールにてお知らせした対策措置についてもご確認願います。
保健省の発表詳細については、下記のケニア保健省Twitterをご確認ください。

https://twitter.com/MOH_Kenya/status/1464169387179626530/photo/1
https://twitter.com/MOH_Kenya/status/1464169387179626530/photo/2

 

 

ボツワナ、南アフリカ及び香港において、新たな変異株B.1.1.529が発見されたことを受け、南アフリカをはじめとする南部アフリカ6か国(南アフリカ、レソト、ボツワナ、エスワティニ、ジンバブウエ、ナミビア)及び香港からの渡航者(トランジットを含む)に対する水際対策措置を強化し、隔離措置及び複数回の検査を実施する。
※なお、同措置の開始時期をはじめ、隔離措置の期間、自主隔離または強制隔離の別、検査の方法等に関する詳細な情報については記載されていません。

2 改めて、以下の感染防止対策を取るよう指示・勧告する。
(1)全ての国レベル及び郡レベルの保健機関は、今後新たな変異株による感染が増加する可能性に備えて十分に準備すること。
(2)全ての資格を有するケニア人に対し、同ウイルス予防ワクチンの接種を完了すること。
(3)全ての入国管理機関は、到着した全ての人々に対する同ウイルス予防ワクチンの接種証明書の提示を求める等、厳密なスクリーニングを実施すること。
(4)全てのケニアへの渡航者に関し、到着の96時間前以内に取得した陰性証明書を取得すること。
(5)全ての検査機関は、適切な感染防止策に関する情報を提供すべく、積極的にゲノム解析を継続すること。

令和3年11月26日
在ケニア日本国大使館 
電話:020-2898000(24時間対応)
ホームページ:http://www.ke.emb-japan.go.jp/

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。