海外

2021.08.03

ナイジェリアに第3波到来、渡航ポータル・サイトの見直し、FCT・ラゴス州等への移動自粛

【ポイント】
8月2日、新型コロナウイルス対策大統領運営委員会(PSC)は、現下の状況にかんがみれば、ナイジェリアが第3波に入ったことに疑いはない旨、デルタ変異株の検出例が32例となった旨、また、第3波に伴う一層の感染防止対策遵守を求めるとともに、海外渡航向けポータル・サイトの見直し、FCT及びラゴス州等への移動自粛を求める旨発表しました。

【本文】
1.8月2日の新型コロナウイルス対策大統領運営委員会(PSC)の発表

発表文は、以下のURLを御参照ください。
https://www.facebook.com/TheAsoVilla/posts/1634732033384186

(1)最近1週間において、世界中で約400万人の感染者と10万人弱の死亡者が出ており、西アフリカ地域のすべての国で第3波が起こり始めている。ナイジェリアでは同期間、毎日約500人の感染者が出ており、陽性率は約6%に上昇している。これは憂慮すべきことであり、我々がまだ危機を脱していないことを示している。

(2)デルタ変異株がナイジェリアに流入していることは、もはやニュースではない(ナイジェリア疾病予防管理センターは5州(アクア・イボム、ラゴス、クロス・リバー、オヨ及びFCT)で計32例確認されたと発表)。PSCとして、特に懸念しているのは、ラゴス、アクワ・イボム、オヨ、リバース、エキティ及びクワラの各州における状況であり、ラゴスだけで感染者数の50%以上を占めている。

(3)ウイルスは非常に毒性が強く、他の多くの国で猛威を振るっているため、この状況には十分な注意が必要。そのため、我々は非医薬品対策措置(Non-Pharmaceutical Interventions (NPIs) )を遵守するとともに、ワクチンを確実に接種しなければなりない。ワクチンを接種することで、重症化を防ぎ、入院や死亡を減らすことができるが、ウイルスとの接触をなくすことはできないことから、NPIsを忠実に守る必要がある。

(4)ウイルスに感染した者が早期に治療を受けられるよう、より多くの検査を実施し、早期に発見する必要がある。現在、国内には143の分子生物学的検査機関(民間54、公的89)があり、検査を行うことができる。是非、定期的に検査を受けていただきたい。

(5)PSCは今週、渡航プロトコルに違反した旅行者や検疫を逃れた旅行者500人以上を公表するべく準備している。入管局には、新たな制裁措置の発動を指示する予定であり、入国7日目の検査に行かなかった旅行者6か月間、検疫を逃れた旅行者は同様に1年間、パスポートの使用を制限する制裁を課されるであろう。

(6)海外渡航向けポータル・サイトについて、旅行者がよりスムーズに利用できるよう見直しを行っており、この見直しは今後2週間以内に完了する予定。

(7)米国からの400万回分以上のモデルナ製ワクチンの提供に感謝。また、注目点として、すべての州に少なくとも1台超低温のワクチン装置が設置されたことをお伝えする。

(8)(報道によれば)エハニレ保健大臣はこの発表に同席し、現下の状況にかんがみれば、ナイジェリアが第3波に入ったことに疑いはないとし、6州(ラゴス、アクワ・イボム、オヨ、クロス・リバー、カノ及びプラトー)及びFCTへの不要不急の移動は自粛するよう求めた由。

○在ナイジェリア日本国大使館(領事班/医務班)
Consular Section, Embassy of Japan
所在地:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja, NIGERIA.
電話:(234)(0)90-6000-9019
:(234)(0)90-6000-9099
(通常の電話受付時間:土日祝日を除く、08:00~12:00、13:00~17:30)
メール:visanigeria@la.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。