海外

2021.07.30

ギニア ビザ申請時にワクチン接種証明書及び申請時から72時間以内に取得した陰性証明書が必要

●ギニア政府は、ギニアにおける新型コロナウイルス患者数の再増加及び変異株の流行を受け、ギニアの査証申請条件を変更しました。

●ギニアの査証申請時に、ワクチン接種証明書及び申請時から72時間以内に取得した陰性証明書が求められます。本邦において査証の申請をご検討の方は、詳細について、在京ギニア大使館に照会ください。

●引き続き手洗い、うがい、マスク着用の励行に努め、人混みは避ける等感染予防にご留意ください。

ギニア政府は、ギニアにおける新型コロナウイルス患者数の再増加及び変異株の流行を受け、ギニアの査証申請条件を変更しました。査証申請時、ワクチン接種証明書及び申請時から72時間以内に取得した陰性証明書が求められます。有効なワクチン接種証明書に関する条件は以下のとおりです。本邦において査証の申請をご検討の方は、詳細について、在京ギニア大使館に照会ください。

・少なくとも2回目のワクチンを接種してから15日が経過
・1回のみ接種のワクチン(Johnson & Johnson社製)の場合、4週間が経過

2 当地においては、これまでの新型コロナウイルスよりも感染力が強いとされる変異株の発生も確認されています。

3 外務省の感染症危険情報で、ギニアは感染症危険レベル3「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」となっております。渡航は控えていただくようお願いいたします。

(問い合わせ窓口)(現地大使館連絡先) 
○在ギニア日本国大使館 
住所:Ambassade du Japon en Guinee,Landreah Port,Corniche Nord,Commune de Dixinn,Conakry,Republique de Guinee
郵便物宛先:B.P.895,Conakry,Republique de Guinee
電話:(市外局番なし)628-68-38-38~41 夜間・休日:664-58-04-94
国外からは(国番号224)628-68-38-38~41
FAX:(衛星電話コード870)782-500-815(インマルサット)
ホームページ:https://www.gn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
Email:ryouji@ck.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。