海外

2020.03.26

カナダ 入国者に対する14日間の自己隔離を法的義務化(2020年3月25日深夜~)

●3月25日,ハイドゥ連邦保健大臣は, 海外からカナダへの入国者に対し,14日間の自己隔離を法的義務とすると発表しました。3月25日深夜から適用されます。

●トルドー首相は記者会見において,出来る限り家から出ない,他人との距離を保つことを遵守するよう再三呼びかけています。

●当館管轄内の州はすべてが緊急事態宣言または公衆衛生上の緊急事態宣言を発令しています。また,カルガリー,エドモントン,レッドディア,バンフ,キャンモア,レスブリッジ,ウェタスキウィン,レジャイナの各自治体も緊急事態宣言を発令しています。

関連ウエブサイトから最新情報を収集し,感染予防や渡航情報の確認に努めてください。

1.カナダ政府の対応等

●カナダへの入国者は,14日間の自己隔離が義務(いくつかの職種は例外)。
これはQuarantine Actに基づく法令義務であり,3月25日深夜から適用される。違反者は,罰金及び,または最高6か月の収監。
●帰国者は,空港からの公共交通機関の使用を禁止。
●空港では到着者の連絡先の記載を求め,自己隔離がきちんと行われているかランダムに調査が行われる予定。
●カナダ国外への不要不急の旅行を推奨しない。
●カナダ国籍者以外の不要不急の入国を6月30日まで制限する。ただし,永住権保持者,外交官,カナダ国民やカナダ永住権保持者の近親者,フライトクルー,第三国への乗り継ぎ,アメリカに14日間以上滞在していて無症状のもの等は例外。
●アメリカからの入国を,3月21日から30日間制限する。ただし,仕事,就学,医療上の必要などの場合は除く。
●国際線は,トロント,モントリオール,バンクーバー,カルガリー空港に限定。
●症状のある者は,カナダ入国禁止。ただし,症状のあるカナダ国民及び永住権保持者は,飛行機には搭乗できないが, 陸路,列車,海路での入国は可能。
●症状を呈している者は,係員が 検疫官に連絡して必要な処置を講ずる。
●カナダ移民局は,temporary foreign worker,有効なstudy permitを保持している者,3月18日より前にstudy permitを許可された者,3月16日より前に永住権を許可されたがまだカナダへ入国していなかった者も将来的に入国を許可されると発表しています。入国が可能になる時期は追って発表されます。詳しくは下記ウエブサイトをご覧ください。

カナダ移民局のニュースリリース(入国制限の対象外について) 
https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/news/2020/03/canada-provides-update-on-exemptions-to-travel-restrictions-to-protect-canadians-and-support-the-economy.html
入国制限の対象外の人に対する措置について https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-special-measures.html
カナダ政府(旅行関連) https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice.html
カナダ政府(入国制限など) https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/canadas-reponse.html
新型コロナウイルスセルフアセスメントツール https://ca.thrive.health/covid19/en

2.アルバータ州政府の対応等

●50人以上の集会等の制限。食料品店,ショッピングセンター,医療施設,空港や他の生活に必要な施設は例外。
海外から帰国した人,重要なインフラに関する職業に従事している人(医療従事者,緊急対応要員,電力会社従業員,通信事業者など),60歳以上の高齢者や基礎疾患があるなど高リスク者,感染を拡大させるリスクの高い活動をしている人を含む集会等は50人以下の場合でも中止。
●リクリエーション施設や娯楽施設の利用禁止(ジム,プール,美術館,コミュニティセンター,子供のプレイセンター,カジノ等)。
●バフェ形式のレストランは禁止。バー,ナイトクラブの利用禁止。レストラン,カフェ,フードコート等は,最大収容可能人数50%以下(かつ50人以下)の顧客が利用可能。※違反者には,罰金が科されます。
●待機的な手術は延期。
●高齢者施設の訪問者は原則一名に限定。
●チャイルドケアの一時閉鎖。
●幼稚園からGrade12までの授業は一時的に中止。
●新型コロナウイルス患者が使用したフライト情報を公表しています。該当者には14日間の自己隔離を勧告。
https://www.alberta.ca/assets/documents/covid-19-flight-information.pdf
●Social Distancingに関する日常生活上の具体的なアドバイスをウエブサイト上に掲載しています。

◯食料品の買い物や通院,その他必須の外出の際には,他人との距離を6フィート(自転車の長さ分)以上保つ。
◯雑用のための外出を最小限にする。
◯混雑していない時間帯に買い物をするよう心がける。
◯食料品や雑貨をオンラインで買う。
◯他人との距離を保ちながら近所や公園を散歩する。
◯エレベータや他の密閉空間に一度に大人数で入らない。
◯アルバータ州の集会についての規制(以下リンク)に従う。
◯共用部分を触った後は手を洗うか除菌する。

Social distancingのアドバイス https://www.alberta.ca/prevent-the-spread.aspx#p25621s3

集会等に関する規制 https://www.alberta.ca/restrictions-for-mass-gatherings.aspx

●新型コロナウイルスに関するアルバータ州での相談先は,ヘルスリンク(811※日本語対応あり)です。

アルバータ州政府 https://www.alberta.ca/coronavirus-info-for-albertans.aspx#p22780s6

3.マニトバ州政府の対応等

●国内からの旅行者も自己隔離すること,国内外への不要不急の旅行を中止することを強く推奨。

マニトバ州の規制等については下記ウエブサイトを参照ください。

●新型コロナウイルスに関するマニトバ州での相談先は,Health Links-Info Sante (204-788-8200,もしくは1-888-315-9257)です。

マニトバ州政府
https://www.gov.mb.ca/covid19/

新型コロナウイルス感染の危険のあるフライト座席情報
https://www.gov.mb.ca/covid19/flights.html

4.サスカチュワン政府の対応等

●サスカチュワン政府は,法執行機関が住民を州政府の勧告に従わせる権限を持っていると言及。
●10人を超える集会の禁止。
●新型コロナウイルスに関するサスカチュワン州での相談先は,ヘルスライン(811)。
●新型コロナウイルス感染に関する一般的な質問は,トール・フリー・ライン(1-855-559-5502,レジャイナは306-787-8539)
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/march/25/spsa-toll-free-line

サスカチュワン州 https://www.saskatchewan.ca/COVID19#utm_campaign=q2_2015&utm_medium=short&utm_source=%2FCOVID19 
3月25日アップデート https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/march/25/allowable-business-services

5.北西準州政府の対応等

●北西準州公衆衛生法に基づき,住民等一部の例外を除いて,同準州へ入る事を禁止。
●過去14日以内に北西準州へ帰ってきたものは,14日間の自宅隔離。
●人数規模や屋内外を問わず,あらゆる集会を中止することを勧告。
●上記の違反者は,最高10,000ドルの罰金及び6カ月の収監。

北西準州の規制等については下記ウエブサイトを参照ください。

北西準州への入州禁止,自己隔離について https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/chief-public-health-officer-orders-travel-restrictions-and-self-isolation-those-entering 
集会の中止について https://www.hss.gov.nt.ca/en/newsroom/all-gatherings-are-advised-cancel-effective-immediately
安全情報 https://www.gov.nt.ca/en/public-safety-notices
違反者に対する罰則等 https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/news-release-chief-public-health-officer-prepares-order-prohibition-travel-nwt-limited

6.ヌナブト準州政府の対応等

●住民等一部の例外を除いて,同準州へ入る事が禁止されています。
●規模に関わらず,全ての集会を禁止。

ヌナブト準州の規制等については下記ウエブサイトを参照ください。

ヌナブト準州政府ウエブサイト https://www.gov.nu.ca/health
3月24日付けアップデート https://www.gov.nu.ca/health/news/covid-19-department-health-services-update

7.参考ウエブサイト

カナダ政府によるコロナウイルス情報:https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection.html
カナダ政府トラベルアドバイス https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice.html
カナダ政府全ての渡航者向け注意喚起: https://travel.gc.ca/travelling/health-safety/travel-health-notices/221
アルバータ州:https://www.alberta.ca/coronavirus-info-for-albertans.aspx
サスカチュワン州 https://www.saskatchewan.ca/government/health-care-administration-and-provider-resources/treatment-procedures-and-guidelines/emerging-public-health-issues/2019-novel-coronavirus
マニトバ州:https://www.gov.mb.ca/health/coronavirus/
北西準州:https://www.hss.gov.nt.ca/en/services/coronavirus-disease-covid-19
ヌナブト準州:https://gov.nu.ca/health

 在カルガリー日本国総領事館
電話(403)294-0782
メールアドレス: consular@cl.mofa.go.jp
HP: https://www.calgary.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。