海外

2021.09.21

ベトナム|渡航情報(入国に必要な渡航書類、ビザ申請、特別入国許可申請、航空券手配、ホテル手配、オンライン医療申告、PCR検査等の手続き手順)

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在各国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出、隔離措置)や入国、ビザ発給の制限を行っています。各国の対応は予告無しに入国制限が実施・変更される場合がありますので、都度渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか最新情報を必ずご確認ください。

*下記必ずご確認下さい!*
査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等・下記内容のご質問等は弊社ではお答えできませんので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問い合わせ下さい

外務省海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置

IATA(国際航空運送協会)|新型コロナウイルス旅行規制マップ(COVID-19 Travel Regulations Map)

 下記は外務省、各政府機関ウェブサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告無く変更になる場合がございます。
 全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認下さい。
 航空機搭乗時に搭乗拒否、または渡航国の出入国管理局の審査で入国拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。
 最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。
 各国政府の規制は予告無く変更されており、各地空港係官・航空会社への通告も公表されている規制と異なる場合があります。
 手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。

ベトナムへの渡航に必要な手続きの手順 ベトナムへの渡航に必要な手続きの手順

ベトナムへの渡航に際して必要となる渡航書類、特別入国許可、航空券・ホテル手配、海外旅行保険、PCR検査の手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。


◎ ベトナムの入国制限

2020年3月21日以降、全ての国・地域からの外国人の入国は原則停止されており、日本国民に対する査証免除も停止しています。

  • 現時点でベトナム政府当局は、観光客の入国を認めておりません
  • 2021年1月14日午前0時以降、全ての対象国・地域とのビジネストラック及びレジデンストラックの運用は停止しており、 両トラックによる外国人の入国時の14日間待機の緩和措置は認められておりません

なお、現在下記に該当する方のみ査証を発給した後、入国が許可されています。

外国人における入国制限措置の特例
1 外交旅券、公用旅券所持者
2 重要な外交活動に参加、従事する外国人
3 専門家、投資家、企業管理者、高技能労働者
4 上記に該当する方のご家族(父、母、配偶者、及び子供)

◎ ベトナム入国前の必要手続きについて

*ベトナム入国前の必要手続きについて*
・入国許可等の取得には少なくとも1ヶ月半~数ヶ月程度の日数を要します。
・手続きのプロセス・内容は渡航者のベトナムでの勤務先、居住先及び隔離施設の省・市によって異なります。

なお、概ね共通して下記手続きが必要となります。

(1)隔離施設(ホテル)の手配
(2)航空便の手配
(3)入国承認等の申請・取得 ※ベトナム現地での申請
   ①人民委員会からの許可書
   ②保健局の許可書
   ③入国管理局の入国許可書 の三点
(4)査証の取得(有効なTRC(テンポラリーレジデンスカード=一時在留許可証)をお持ちでない場合)※日本での申請
(5)海外旅行保険の加入確認
(6)入国前のPCR検査等
(7)オンライン医療申告

渡航前準備・プロセスについて(目的地:ハノイ or ホーチミンシティ)

手続きのプロセス・内容、申請の順番は渡航される方のベトナムでの勤務先、居住先及び隔離施設の省・市によって異なります

ハノイ市、ホーチミン市の隔離施設を利用する場合の手続き事例がございますので下記もご参照下さい。

在ベトナム日本国大使館|ハノイ市の隔離施設を利用する場合の手続き

在ベトナム日本国大使館|ホーチミン市の隔離施設を利用する場合の手続き


ハノイ市の隔離施設を利用する場合のプロセス
STEP 1
隔離施設(ホテル)及び 空港=ホテル間の移動手段の仮予約
STEP 2
航空便の仮予約
STEP 3
ハノイ市労働・傷病兵・社会問題局(労働局)への申請 目安:所要10営業日
勤務地がハノイ市以外の省・市の場合は、こちらの申請の前に、その省・市の人民委員会への承認申請が必要です
(申請内容、窓口、手順、所要日数は省・市によって異なります)
STEP 4
隔離施設が所在する地区の保健所への確認申請 目安:所要3営業日
STEP 5
公安省入国管理局への入国承認申請 目安:所要7~10営業日
STEP 6
航空会社への書類提出 目安:渡航日1週間以上前
STEP 7
在京ベトナム大使館等での査証取得
有効なTRC(テンポラリーレジデンスカード:一時在留許可証)をお持ちでない場合は査証取得が必要です
STEP 8
入国前のPCR検査等
入国3日前以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書が必要です
STEP 9
オンライン医療申告

ホーチミン市の隔離施設を利用する場合のプロセス
STEP 1
ホーチミン市労働局への承認申請 目安:所要10~30営業日
所要日数は20~30日を要する場合もあります
勤務地がホーチミン市以外の省・市である場合には、その省・市の人民委員会及び保健局への承認申請が必要です
(申請内容、窓口、手順、所要日数は省・市によって異なります)
STEP 2
航空便の仮予約
STEP 3
公安省入国管理局への入国承認申請 目安:所要7~10営業日
STEP 4
隔離施設(ホテル)及び 空港=ホテル間の移動手段の仮予約
STEP 5
航空会社への書類提出 目安:渡航日10日以上前
STEP 6
在京ベトナム大使館等での査証取得
有効なTRC(テンポラリーレジデンスカード:一時在留許可証)をお持ちでない場合は査証取得が必要です
STEP 7
入国前のPCR検査等
入国3日前以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書が必要です
STEP 8
オンライン医療申告

❶ 隔離施設(ホテル)の手配

 弊社にてベトナム政府指定の隔離施設(ホテル)の予約が可能ですのでお問い合わせ下さい

現在ベトナムでは入国後、隔離施設(ホテル)で最低14日間の滞在が必要となっております。
(また、隔離施設滞在終了後、自宅等における健康観察期間が「14日間」となりますのでご注意ください。)

※ホテルからの外出は必要時以外は禁止されています。また、外出の際は所轄の警察、医師の指示に従う必要がございます。
 詳細は、居住地を管軸する省・市にご確認をお願い致します。

弊社で手配可能なベトナム政府指定隔離ホテル(2021年7月28日現在)

弊社では隔離向けホテルの事前予約が可能です。料金等詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
なお、到着後に隔離を行う政府指定ホテルのリストは、日々変更されていますのでご了承下さい。

隔離パッケージに含まれるもの
  • 宿泊費
  • 食事(1日3食)
  • 空港から隔離ホテルまでの片道送迎
都市名 エリア ホテル名 クラス
ホーチミンシティ タンソンニャット国際空港 ホリデーイン&スイーツサイゴンエアポート
Holiday inn & Suites Saigon Airport
★★★★
イビスサイゴンエアポート
Ibis Saigon Airport
★★★
1区 アラゴンホテルサイゴン
Alagon City Hotel & Spa
★★★
ブルーダイヤシグニチャーホテル
Blue diamond Signature
★★★
リバーサイドホテル
Riverside Hotel
★★★
ノーザンチャームホテル
Northern Charm Hotel
★★★★
5区 バットダットホテル
Bat Dat Hotel
★★★
ハノイ タイホ区 インターコンチネンタル・ウェストレイクハノイ
Intercontinental West Lake Hanoi
★★★★★
ホアンキエム区 シルクパスホテル
Silk Path Hanoi
★★★★
ホアビンホテル
Hoa Binh Hotel
★★★
バディン区 レイクサイドホテル
Lake Side Hotel
★★★★

ワクチン接種者に対する隔離期間の短縮について

2021年8月4日、ベトナム保健省は、一定の条件を満たしたワクチン接種者について、集中隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とする旨の通達を発表しており、既に適用が開始されております。

なお、日本の市区町村等で発行したワクチン接種証明書も現在有効です。

※ハノイ市においては、入国手続の際に隔離計画とともに「接種証明書」の原本又は写しをハノイ市へ提出した場合、ベトナム入国後の集中隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とする取扱いとなっています
(大使館注:2021年8月16日ハノイ市保健局へ確認)


❷ ベトナム行き航空券の手配

 弊社にて航空券の手配を承っております。航空券代金・空席状況等につきましてはお問い合わせ下さい

現在日本=ベトナム間のフライトにつきましては、路線の減便等の措置を実施しています。

ベトナム)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況

日本 ➡ ベトナムへのフライトについて

ベトナム政府によるベトナム着の国際定期商用便の運航制限を受け、定期運航便は現在運行しておりません。
なお、現在日本航空(JAL)及び全日空(ANA)の2社が特別運行便のみ運行しております。

  • 特別運行便につきましては、下記設定日において必要書類と一定数のリクエスト(10 名様以上)があった場合、ベトナム航空局(CAAV)からの着陸許可取得を前提に運航されます。そのため運航自体についても予告なく制限が掛かる可能性がございます
  • 日本国籍を含む外国人が対象です。ベトナム人の帰国にはご利用できません
  • 日本航空(JAL)は9月以降も運行制限が継続する場合、同様に特別運航便を設定予定です

日本 ➡ ベトナム間:特別運航便フライトスケジュール

航空会社 便名 出発空港 出発時刻 到着時刻 到着空港 運行日
日本航空
Japan Airlines
JL751 成田 18:00 21:50 ハノイ(HAN) 金曜日(~9/24)
JL759 成田 17:45 21:55 ホーチミンシティ(SGN) 水曜日(~9/29)
全日空
All Nippon Airways
NH897 成田 18:45 22:15 ハノイ(HAN) 木曜日(~10/28)
NH891 羽田 17:35 21:25 ホーチミンシティ(SGN) 日曜日(~10/24)

❸ 特別入国許可等の申請・取得

現在ベトナム国籍ではない外国人は、ベトナム入国に際し「特別入国許可」の取得が必要です。
なお、現在弊社で特別入国許可等の申請・取得代行はできませんので、現地受け入れ先を通じてご準備ください。

必要な許可は下記3点となります。

  • ベトナムでの勤務先企業の所在地を管轄する省・市人民委員会からの承認(人民委員会からの許可書
  • 隔離施設の所在地を管轄する省・市政府の隔離指示(保健局の許可書
  • 公安省入国管理局からの入国承認(入国管理局の入国許可書

前述の通り、手続きのプロセス・内容、申請の順番は渡航される方のベトナムでの勤務先、居住先及び隔離施設の省・市によって異なります

ハノイ市、ホーチミン市の隔離施設を利用する場合の手続き事例がございますので下記もご参照下さい。

ハノイ市の隔離施設を利用する場合の手続き

ホーチミン市の隔離施設を利用する場合の手続き


❹ ベトナムビザの申請

 ベトナムビザ申請の詳細はこちらから

  • 弊社ではベトナムビザの申請代行を承っておりますのでお問い合わせ下さい
  • ビザ申請が可能なのは、日本国籍の方でベトナム入国管理局からの事前許可番号(Visa Approval / Reference Number)を取得している方のみとなります

 ベトナムのお見積り・ご相談はこちらから

無料お見積もり(料金・必要書類・取得日数などもお送りします)

ご質問・資料請求

 

2020年7月13日現在、新型コロナウイルス感染拡大により受付が停止しているベトナム社会主義共和国大使館、大阪ベトナム社会主義共和国総領事館でのベトナムビザの申請受付が一部再開しています。

有効なTRC(テンポラリーレジデンスカード=一時在留許可証)または査証をお持ちでない場合、在京ベトナム大使館で査証を取得します。

ベトナム(東京・大阪) ビザ申請が一部再開(2020年7月13日)

※ビザ申請が可能なのは 日本国籍の方で公安省入国管理局からの入国承認(入国管理局の入国許可書)を取得している方のみとなりますのご注意下さい。(観光ビザなどは申請ができません。)


❺ 海外旅行保険の加入確認

 弊社にてAIG損害保険株式会社の海外旅行保険のお申込みが可能です

国や地域によっては、突然事故に遭い、また病気や怪我をして病院に搬送されても、実費あるいは保険等による治療費の負担が保証されないと、診察や治療が受けられない(断られる)ことがあります。
また医療水準や衛生事情により、その国では必要な治療が受けられず、他国や日本への緊急移送が必要となる場合もあります。

新型コロナウイルスに感染した場合は、滞在国の規定にそった検査、隔離が必要になり費用は渡航者の負担になります。
保険に入っていないと、時には数千万円にものぼる高額な医療費・移送費を全て自己負担しなければなりませんので、万一に備え、十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくことを強くお勧めします。
なお、クレジットカードに付帯している保険では補償として決して十分ではない点にも留意が必要です。

https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/hoken.html


❻ 入国3日前以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書を取得

 弊社では、提携しているクリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています

渡航に必要なPCR検査陰性証明書の取得をサポートいたします。検査費用と代行手数料は弊社にお支払いください。
検査当日のお支払いは不要です。

PCR検査予約・精算代行サービスのご紹介

ベトナム政府当局は、入国者に対し、PCR検査を入国3日前以内に受けることを義務付けています。
(例:入国が7月5日の場合、PCR検査は、7月2日(入国日の3日前)、3日(同2日前)又は4日(同1日前)のいずれかに受けます)

PCR検査等及び陰性証明書の要件は、以下のとおりです。

ベトナム渡航時に必要な陰性証明書
適用開始日 2020年3月18日~
対象者 海外から入国する全ての方
検査方法 ・RT-PCR検査
・RT-LAMP法
検体採取方法 鼻咽頭ぬぐい液方式
有効な検査受検期間 入国の3日前以内に受検した検査の陰性証明書が必要です
例)7/21(水) 17:45 成田発のフライトの場合 → 7/18(日)、7/19(月)、7/20(火)に検査受検
医療機関 在ベトナム日本国大使館からベトナム政府当局に通報した日本の医療機関
(通報済みの医療機関は、経済産業省ホームページ「TeCOT(Testing Centre for Overseas Travelers)」に掲載の医療機関と同一)
証明書タイプ 書面
証明書言語 英語またはベトナム語
証明書形式 指定書式は無し。ただし、下記が記載されていること。
また、証明書には検査を受けた医療機関の有効な印鑑と署名が必要です。

①渡航者氏名
②年齢(生年月日)
③国籍
④パスポート番号
⑤日本での住所
⑥ベトナムでの住所
⑦医療機関名
⑧検体接種日
⑨検査日
⑩検査方法(RT-PCR検査 または RT-LAMP法)
⑪検査結果
⑫陰性証明書の発行日
提示・提出場所 出発空港での航空会社チェックイン時、及び現地空港到着時にご提示下さい
参照 在ベトナム日本国大使館 - ベトナムへの入国を希望する日本人のみなさまへ

❼ オンライン医療申告

ベトナム政府当局は、入国前24時間以内にオンラインで医療申告を行うことを義務付けております。

  • 申告方法はオンライン申告のみとなります
    (なお隔離・宿泊施設にチェックイン後に、類似の内容の書面での医療申告の記入を求められる場合がございます)
  • 入国の24時間前から実施可能となります。それ以前に実施すると入力内容が無効となる場合があります
  • パソコン上のインターネットで記入した際に、不具合が生じている報告が散見されていることから、スマートフォンでの入力を推奨しております

オンライン医療申告は こちら のリンクから
(オンライン医療申告は、こちら のマニュアルを参考にして正確にご入力下さい)


❽ ベトナム入国手続 及び 隔離施設での滞在について

空港到着後

PCR検査等の陰性証明書、医療申告のQRコード、パスポート、査証等の確認及び入国審査となります。
入国審査後は、受託手荷物をピックアップし、係官の案内を待ち、通常と異なる出国経路に沿って、隔離施設が準備した専用輸送バスなどで隔離施設に移動します。

  • 到着から入国審査完了・隔離施設移動まで1~2時間以上かかる場合があります
  • 移動の際、全身防護服着用を求められることがあります
  • 受託手荷物は次亜塩素酸水で殺菌され濡れるため、その点ご留意ください。また、隔離施設に移動する前に、手荷物に消毒薬が散布されることがあります

最低14日間の隔離施設(ホテル)への滞在 及び 滞在中のPCR検査

2021年7月14日以降、入国後の隔離施設に「最低14日間」の滞在が義務付けられています。
(隔離施設(ホテル)での滞在中、ご自身の部屋から出ることは出来ません。)

また、隔離施設滞在中に原則としてPCR検査を少なくとも3回受けることとされています。
(滞在の初日、滞在7日目 及び 滞在14日目)

ただし、PCR検査等を受けるタイミングや回数は、隔離施設を管轄する地区等によって異なり得ます。

PCR検査で陽性判定を受けた場合

ベトナム政府当局指定の病院にて治癒するまで隔離されることとなります。

当局の指示にしたがい、専門の病院に移動し、治療を受けてください。また海外旅行保険会社、または医療サービス会社に連絡してください。(PCR検査結果が陰性であっても、37.5度以上の発熱がある場合、隔離施設を管轄する省・市指定の地元病院に搬送されることがあります)

期間中の所定回数分PCR検査が全て陰性の場合

所定の回数のPCR検査がすべて陰性となり、隔離が終了した後、ベトナム政府当局から、「隔離終了証明書」が発行されます。
地区によってはこれに加え、「陰性証明書」が発行される場合もあります。

隔離期間終了後の健康観察期間(14日間)

隔離終了後の14日間は、「集中隔離及び集中隔離後の管理に関する規定の厳格な履行」に基づき、当局の指導・監督を受けます。
速やかに職場を通じ、勤務地及び居住地を管轄する当局(例:人民委員会、保健局)に対し、ご自身への指示内容を確認し、遵守してください。

健康観察期間中は、自宅・居住地を出ることはできません。
仕事や必要な目的で外出する場合は、地域の公安、保健当局に通報が必要です。

外出する場合は、マスク着用、手指の消毒、間隔の確保、密の回避、換気を励行し、自身で健康観察を行い、濃厚接触者を記録するほか、周囲の人々との接触、混雑した場所への訪問を控えてください。

なお、集中隔離を終えた日から7日目にPCR検査を受けることとされています。

発熱、呼吸器症状、喉の痛み、味覚障害等、体調に異常を感じた場合は、医療機関、医療サービス会社、保健省及びCDCホットライン等に電話で速やかに連絡してください。
また、隔離期間終了後の扱いは、勤務先又は居住先の省・市によって異なります。

ワクチン接種者に対する隔離期間の短縮について

2021年8月4日、ベトナム保健省は、一定の条件を満たしたワクチン接種者について、集中隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とする旨の通達を発表しており、既に適用が開始されております。

なお、日本の市区町村等で発行したワクチン接種証明書も現在有効です

※ハノイ市においては、入国手続の際に隔離計画とともに「接種証明書」の原本又は写しをハノイ市へ提出した場合、ベトナム入国後の集中隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とする取扱いとなっています
(大使館注:2021年8月16日ハノイ市保健局へ確認)


❾ 日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

●日本の入国制限・入国拒否対象国・地域

●発給された査証の効力停止と査証免除措置の停止

●ビジネストラック、レジデンストラックの運用停止について

1)出国前72時間以内に実施した検査の陰性証明書の準備
・弊社では現地での「日本入国用の検査及び検査証明書取得」の代行手配(予約)のサポートをさせていただきます。

日本入国用の検査の代行手配(予約)サポートについて

2)質問票Webの事前登録

3)スマートフォンのアプリ3種類のインストールと設定

4)検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出

5)降機後の検査

6)14日間の待機
待機宿泊(帰国者向けプラン・入国者向けプラン)、ハイヤーの手配は弊社にて可能です。
日本入国後の待機宿泊手配について|帰国者に対する検疫の流れと14日間の待機宿泊について

自主待機期間の移動手段(ハイヤー)手配について

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。