海外

インド行き航空券

手間ひまをかけずに、ベストな航空券を

インド出張の海外航空券・格安航空券なら日本橋夢屋へおまかせください。手間ひまをかけずに、にベストな航空券が見つかります。

インド行き航空券 ピックアップ情報です。

インド)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況(2021年8月30日現在)

更新日:2021.08.30

  • 東京発

新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国政府の感染症対策の強化、航空需要減退等により各航空会社が国際線路線の便数計画の一部を変更して運航することを決定しています。日本とインドの両政府は、暫定二国間旅客運送「エア・バブル」を2020年11月より開始しており日本=インド間でJAL・日本航空(JL)、ANA・全日空(NH)、エアインディア(AI)が特別便を運行しています。

JAL 日本航空|海外出張マニュアル

更新日:2019.01.29

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

JAL・日本航空 国際線の機内持ち込み手荷物、無料預け手荷物と超過料金、事前座席指定、直行便就航都市など、海外出張で利用する前に確認すべき項目をまとめた頁です。

インド出張・プネーへの行き方|海外航空券

更新日:2015.12.07

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

プネー(Pune)は、デカン高原に位置するインド・マハラシュトラ州で二番目に大きな都市で 植民地時代に付けられた英語名称「プーナ(Poona)」が以前は公的な名称として併用されていましたが、1999年に現地マラーティー語での名称「プネー」が公式名称として採用されました。現在でもプーナの名称は非公式ながら広く使われています。

インド格安航空券|飛行機チケット情報

更新日:2015.11.27

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

インド(デリー・ムンバイ)格安航空券・海外航空券:インドへの直行便は、ANAが成田発着でムンバイとデリーに直行便を毎日運行、JALは成田発着でデリーに直行便を毎日運行しています。ANA・JALは出発5日前までの購入が割り引きのポイント。エアーインディアもデリー、ムンバイへ就航しています。経由便はバンコク、シンガポール、クアラルンプール経由や、香港、上海、ソウル経由などルートは多く、変更ができない最安値から、日付変更ができるタイプまで選択肢は豊富です。羽田・成田・名古屋・大阪・福岡発の主な航空会社と航空運賃、経由便などご案内します。

インド 税関申告書記入例

更新日:2019.10.24

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

インド税関申告書の記入例

インド出張・デリーへの行き方|海外航空券

更新日:2015.12.15

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

デリー(Delhi)はインドの首都であり、商業・工業・政治の中心都市です。ニューデリーとオールドデリーに分けられ、首都機能はニューデリーの中にあります。また、人口は1,100万人で南アジアを代表する世界都市の1つでもあります。

インド出張・コルカタへの行き方|海外航空券

更新日:2015.12.14

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

コルカタ(英語: Kolkata)はインドの西ベンガル州の州都で世界屈指のメガシティです。かつては英語圏では英語化された音でカルカッタ (Calcutta) と呼ばれていました。1690年にイギリス東インド会社がこの地に商館を開設したことがきっかけに発展し現在では市域人口は448万人、近郊都市を含む都市圏人口は1,411万人で世界第13位、インドではデリーとムンバイに次ぐ第3位です。

インド出張・チェンナイへの行き方|海外航空券

更新日:2015.12.11

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

チェンナイ(Chennai)は「南インドの玄関口」と称され、東側コロマンデル海岸沿い、ベンガル湾に面するタミル・ナードゥ州の州都です。1996年にマドラス (Madras) から正式に改名され、人口468万人・都市圏人口は867万人であり、同国第4位です。「南インドの玄関口」の他、「南アジアのデトロイト」「インドの健康首都」「インド銀行業の首都」等数々の異名を持つ都市で、自動車産業、情報技術産業、ビジネス・プロセス・アウトソーシング業が盛んです。

インド出張・バンガロールへの行き方|海外航空券

更新日:2015.12.11

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

バンガロール(Bangalore)は、インド南部・カルナータカ州の州都です。デカン高原の南、カルナータカ州南西部のマイソール高原の上に位置し、標高は920m。高原にあるためインドの他都市と比較すると穏やかで涼しく「インドのガーデン・シティ(庭園都市)」と呼ばれています。ムンバイ、デリーに次ぐ人口850万人を要するインド第3の都市バンガロールは多くの外資系企業が進出しており、インドのシリコンバレーとして世界的にも有名です。バンガロール(Bangalore)は旧イギリス植民地時代につけられた名前で、2014年11月より現地の言語である名称のベンガルール(Bengaluru)に変更されました。

インド出張・ムンバイへの行き方|海外航空券

更新日:2015.12.10

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

ムンバイ(Mumbai)はインド最大の都市であり、南アジアを代表する世界都市の一つです。1995年に英語での公式名称がボンベイ (Bombay) から、現地語(マラーティー語)での名称にもとづくムンバイへと変更されました。国内随一の商業及び娯楽の中心都市であり、ビジネス機会が豊富なこの都市には、事業機会や比較的高い生活水準を求め国内各地から多くの人が集まり、様々な宗教・文化の集積地ともなっています。