日本橋夢屋

メニューを開く

2020.02.25

カタール 隔離センターへの収容を拒否すると入国は認められません

1 カタールのコロナウイルス対策

(1)カタール保健省によれば,25日の段階でカタールの新型コロナウイルス対策措置には変更ありません(※カタールが取っている措置については本メール末尾を参照ください)。

 なお,日本国籍者に対しては,カタール入国手続き時に検温や問診が実施される場合がありますが,その際,下記内容などが質問されているようです。

 ・過去14日の間に中国に渡航したか?
 ・過去に以下の国・地域に渡航したか? 渡航した場合は,渡航日は?
  (香港,イラン,日本,マカオ,マレーシア,韓国,シンガポール,台湾,タイ)
 ・現在,発熱,せき,息切れの症状があるか?
 ・過去14日の間に医療施設を訪れたか?
 ・過去14日の間に新型コロナウイルス感染が疑われる事例との接触があったか?

(2)カタール保健省は,国民に対して中国,韓国,イラン,シンガポール,日本,イタリアへの渡航を延期するように呼びかけています。

2 カタール国内の状況

(1)カタール保健省によれば,現在カタール国内で新型コロナウイルス感染の症例はありません。
(2)同省ではホットライン(66740951または66740948)を設置しており,いかなる照会にも対応するとしています。

※カタールの新型コロナウイルス対策措置

2月23日,カタール保健省は新型コロナウイルス対策として,中国,韓国,及びイランからカタールに入国する者については,カタール政府が用意する隔離センターに一旦収容することを決定しました。この隔離施設への収容を拒否する場合は,カタールへの入国が認められないことになります。

 *自己または勤務先等が隔離可能な施設を手配する場合,同施設利用も可能
 *自己隔離の場合,カタール当局者が状況確認の抜き打ち検査を実施

なお,この措置は最近14日の間に上記国・地域を訪問した人も対象となります。

日本からカタールへの入国者については,現在この措置の対象外となっていますが,日本国籍者に対しては,入国手続き時に体調や中国渡航歴に関する問診,体温測定等を別途実施される場合もあるようです。

(お問い合わせ先)
  在カタール日本国大使館 領事班
  電話: (+974)4440 9000
  FAX:(+974)4029 3655
  メール: eojqatar@dh.mofa.go.jp

 

 

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。