日本橋夢屋

メニューを開く

更新日:2017.08.15

海外ホテルの客室はすべて禁煙?喫煙ルームはある?

国や地域によって異なりますが、法令により禁煙となっている地域もあります。

世界的な禁煙の流れや健康意識の高まりなどにより、世界各国では全館禁煙のホテルが増えております。

喫煙者にとって厳しい環境となっておりますが、一部の国や地域のホテルでは喫煙ルームの設定もあります。

ここでは欧米先進諸国やその他世界各国で施行されている《禁煙法》の一部を紹介します。

※2017年8月現在の情報を元に作成しております。

香港の禁煙法

マカオの禁煙法

北京の禁煙法

上海の禁煙法

台湾の禁煙法

韓国の禁煙法

ハワイの禁煙法

北マリアナ諸島(サイパン)の禁煙法

グアムの禁煙法

フィリピンの禁煙法

【香港】喫煙公衆衛生改正条例 / 2009年7月1日施行

  • すべての屋内施設での喫煙を禁止(喫煙所や屋外での喫煙は可能)
  • 域内の全オフィス、レストラン、カラオケ等は全面禁煙
  • 住宅やホテル客室、空港の喫煙エリア、映画やテレビの撮影現場等は対象外
  • 罰則 : 1,500香港ドル(約22,000円)、最高5,000香港ドルの罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 一部ホテルで喫煙ルームの設定あり

【マカオ】禁煙法 / 2012年1月1日施行

  • 医療、教育施設内は全面禁煙
  • レストランや公共施設内は禁煙
  • ホテルやカジノ、ビーチ、公園、庭園、緑化区域、空港、フェリーターミナルなどは分煙
  • 罰則 : 600パタカ(約8,500円)の罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 一部ホテルで喫煙ルームの設定あり

【北京】北京市控煙条例 / 2015年6月1日施行

  • 公共交通機関(空港、駅)や公的施設(会社、病院)、ホテルやレストランなどの屋内は全面的に禁煙
  • 屋外でも指定場所以外の喫煙は禁止
  • 罰則 : 50元(約1,000円)、悪質な場合は200元の罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 客室全面禁煙

【上海】上海市公共空間喫煙コントロール条例 / 2017年3月1日施行

  • 公共交通機関(空港、駅)や公的施設(会社、病院)、ホテルやレストランなどの屋内は全面的に禁煙
  • 屋外でも指定場所以外の喫煙は禁止
  • 罰則 : 50元(約1,000円)、悪質な場合は200元の罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 客室全面禁煙

【台湾】煙害防止法 / 2009年1月11日施行

  • 高専以下の学校や医療機関は室内外全面禁煙、
  • 政府機関や3人以上が共用する室内事務室は全面禁煙、
  • レストラン、ホテル、商業施設等の場所では喫煙スペースを除き禁煙
  • 罰則 : 10,000台湾ドル(約34,000円)の罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 客室全面禁煙

【韓国】国民健康増進法 / 2012年12月8日施行

  • 公衆が利用する施設は建築物の広さなどでルールの基準が異なる
  • 禁煙/喫煙エリアを区別し、表示を設置・取付けなければならない
  • 罰則 : 20,000-30,000ウォン(約2,000-3,000円)の反則金が科せられます。
  • ホテル客室 : 一部ホテルで喫煙ルームの設定あり

【ハワイ】新禁煙法 / 2006年11月14日施行、2014年1月1日改定

  • ショッピングセンターや公共交通機関、ホテルのロビーなど屋内の公共スペースは全面禁煙
  • 出入口から20フィート(約6メートル)の範囲も禁煙場所に指定されている
  • 罰則 : 100USD(約11,000円)、再犯者や悪質な場合は最高で500USDの罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 一部ホテルで喫煙ルームの設定あり

【北マリアナ諸島(サイパン等)】禁煙施行(禁煙法)  / 2009年9月28日施行

  • 屋内レストランやホテル内ロビー、医療施設など建物内(壁、床、天井で仕切られた空間)は禁煙
  • 罰則 : 50USD(約5,500円)、2回目は100USD、3回目は200USDの罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 一部ホテルで喫煙ルームの設定あり

【グアム】ナターシャ保護法(禁煙法) / 2006年5月8日施行

  • 一般的に全ての公共スペースでの喫煙は禁止
  • 喫煙が可能だと確認が取れた公共の場では喫煙可能
  • 罰則 : 100USD(約11,000円)、2回目は200USD、3回目は500USDの罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 一部ホテルで喫煙ルームの設定あり

【フィリピン】全土禁煙化 大統領令 / 2017年7月23日施行

  • 学校、未成年者の娯楽施設、エレベーター、階段
  • 火災の危険がある場所、病院や食事が提供されるエリアは全面禁煙
  • 罰則 : 最大で200 USD(約22,000円)の罰金が科せられます。
  • ホテル客室 : 全室禁煙(喫煙ブースのあるホテルも一部あり)

Q&Aトップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。