海外

2020.06.01

オーストラリア 公共交通機関を利用する際の注意事項

【ポイント】

5月29日,連邦インフラ・交通・地域開発・通信省は,公共交通機関を通じた新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための,公共交通機関を運行する際の原則を発表しました。

【本文】

5月29日,連邦インフラ・交通・地域開発・通信省は,公共交通機関を通じた新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための,公共交通機関を運行する際の原則を発表しました。同原則に記載されている利用者に向けたアドバイスの概要は以下のとおりです。

○緊急時を除き,体調が悪いときは公共交通機関を利用しない。
○手を良く洗い,咳をする際のマナーを守る。
○可能な限りの社会的距離を保ち,運転手や他の乗客との接触を避ける。
○公共交通機関の利用時間を最小限にするために効率的なルートを選択する。
○全ての運行事業者による,新型コロナウイルスの拡散を防止するための利用に際しての要件を守る(例えばキャッシュレスの支払い方法を利用する等)。
○強制ではないが,COVIDSafeアプリを利用する。
○可能な場合,雇用主との間でオフピークに通勤が可能となるよう,勤務時間について調整する。

上記の詳細(原文)は以下リンク先をご参照ください。

https://www.infrastructure.gov.au/transport/files/COVID19_public_transport_principles_29052020.pdf

ACTにおける公共交通機関を含む交通に関する案内は以下をご参照ください。

https://www.covid19.act.gov.au/help-and-advice/transport


在オーストラリア日本国大使館領事部
電話:02-6273-3244(代表)
FAX:02-6273-1848
メール:consular@cb.mofa.go.jp
大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。