日本橋夢屋

メニューを開く

2020.02.15

ブラジル リオのカーニバルに関する注意喚起

カーニバル期間中(2月22日(土)~2月25日(火))及びその前後は、世界各地から訪れる観光客らを標的とした犯罪が増加する傾向にありますので、以下を参考に、犯罪等に巻き込まれることのないように十分注意して下さい。

●ブロッコ(街中でのカーニバル集団)参加や観覧にあたっての警戒
●カーニバルのメイン会場(Sapucai)周辺における警戒
●イパネマ海岸やコパカバーナ海岸等の海水浴場周辺における警戒
●犯罪に遭遇した際、決して抵抗しないこと。

1.カーニバル中は、ブロッコと呼ばれるカーニバル集団が街中を練り歩きますが、例年、ブロッコ参加者や周囲の観衆に対するスリやひったくり事件が多発します。ブロッコに参加したり、ブロッコを観覧する際には、これら参加者や観衆内に犯罪者が潜んでいることを念頭に置いて、貴重品の装着や露出、不用意な写真撮影を控えてください。

2.カーニバルのメイン会場周辺には、複数の麻薬密売組織が活動するスラム街が点在しており、会場から離れれば離れるほど危険ですので、地理不案内な場所には立ち入らないようにしてください。

 また、会場内においても、毎年、置き引き等の事件が多発しておりますので、所持品からは決して目を離さないようにしてください。

3.毎年、カーニバル時期になると、イパネマ海岸やコパカバーナ海岸等の海水浴場周辺において、アハスタオン(地引き網)と呼ばれる集団強盗事件が発生しています。この犯罪は、数十名の若者がいきなり現れ、その場にいる観光客等を手当たり次第に襲い、金品等を強奪する犯罪です。外出時の携行品を必要最小限に抑えるとともに(分散所持)、周囲に対する警戒を怠らないでください。

4.強盗等の被害に遭遇した場合、決して抵抗しないでください。

当地犯罪者の凶器(けん銃、ナイフ等)所持率は非常に高く、10代前半の年少者であっても所持していることが多々あり、抵抗や逃走を試みたがために、発砲されたり、刺されたりして、多くの方が命を落とされています。強盗等の被害に遭遇した場合には、相手を興奮させないように、相手の要求に従ってください。

【問い合わせ先】
在リオデジャネイロ日本国総領事館
Praia do Flamengo, 200-10andar, Rio de Janeiro, RJ, Brasil 22210-901
電話: (55-21) 3461-9595
Fax : (55-21) 3235-2241
領事班メールアドレス: consular@ri.mofa.go.jp
総領事館HP: https://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。