海外

2020.02.06

モンゴル入国時の検疫措置の強化

 新型コロナウイルス等の感染症防止のため,チンギスハーン国際空港では検疫措置を強化していますので,入国時にトラブルに巻き込まれないよう,以下の点にご注意願います。

【検疫措置】
1.サーモグラフィー(赤外線放射温度計)等を用いた体温測定
○体温測定により発熱の有無を確認しており,高熱が認められる場合には,空港内に待機している検査官や医療スタッフの診察を受けることになります。
○診察の結果,新型コロナウイルス感染症の疑いが認められる場合には,指定医療機関による本格的な診断及び検査を受けていただく必要があります。

2.質問票による体調確認
 機内で質問票が配布され,以下の質問事項への回答が義務づけられています。この質問票は,入国審査前の体調診断時に係員に提出することとなります。

【質問内容】
・38℃以上の発熱があるか(症状がある場合は+,無い場合は-で回答)
・頭痛があるか(同上)
・筋肉痛があるか(同上)
・目が充血しているか(同上)
・のどは痛くないか(同上)
・咳が出るか(同上)
・鼻水が出るか(同上)
・腹痛があるか(同上)
・嘔吐の症状があるか(同上)
・下痢の症状があるか(同上)
・悪寒がするか(同上)
・皮膚に発疹があるか(同上)
・眠気を感じるか(同上)
・体がだるいか(同上)
・最近2~3週間以内に(新型コロナウイルス)感染者又は疑いのある者と接触したか(Yes or Noにチェック)
・最近1~2週間の間に抗菌薬を投与されたか(同上)

3 荷物検査

 荷物検査も強化されており,通常時よりも厳格な確認が行われています。特に魚介類や生肉などの未加工食品の持ち込みは禁止されていますので,ご注意願います。

【参考】
 モンゴル政府当局が,新型コロナウイルス感染症の疑いがあると判断した場合には,指定医療機関への受診及び診断結果が確定するまでの間,隔離措置がとられる可能性がありますので,発熱などの体調不良が認められる場合には,日本又は第三国を出国する前に,リスクを十分にご検討されることをお勧めします。

                                                               

【問い合わせ窓口】
在モンゴル日本国大使館 領事・警備班  
EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA  
C.P.O.Box 1011  
Elchingiin gudamj 10,Ulaanbaatar 14210,Mongolia    
電  話:(976)11-320777   開館時間:9:00-13:00,14:00-17:45  
FAX:(976)11-313332   メール:consul-section1@ul.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。