海外

2019.05.17

タンザニア ダルエスサラームとタンガにおけるデング熱の流行(続報) 

ダルエスサラームとタンガにおいて、デング熱が流行しています(5月17日現在)。 

 5月16日,保健省は国内で発生しているデング熱が急速に感染拡大しているとして注意を呼びかけました。とくにダルエスサラームでは過去9日間に674名の患者が確認され,年初からの患者数も1809名に達しています。このほかタンガでは89名の患者が発生しています。

デング熱は,デングウイルスを有する蚊に刺されることで感染します。潜伏期間は2~14日で,インフルエンザに似た症状(発熱、頭痛、関節痛等)を示します。一般に経過は良好で,特別な治療法はなく、症状に合わせた対症療法で経過をみます。通常3~5日で解熱し,解熱と共に発疹が現れます。大半は初発症状から一週間程度で回復しますが、わずかながら重症化し,生命に関わることもあるため、疑わしい症状が認められた場合は早めに医療機関を受診し,確定診断をつけることが大切です。予防接種はなく,蚊に刺されないようにすることが唯一の予防策です。

<参考情報> 
 厚生労働省検疫所(FORTH) 感染症についての情報「デング熱」
 http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name33.html

 厚生労働省「デング熱について」
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000131101.html

 厚生労働省「デング熱に関するQ&A」
 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dengue_fever_qa.html

 国立感染症研究所 「デング熱」
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ta/dengue.html

 外務省 世界の医療事情(タンザニア)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/tanzania.html

在タンザニア日本国大使館
EMBASSY of JAPAN in TANZANIA
住所:Plot No. 1018, Ali Hassan Mwinyi Road, P.O. Box 2577, Dar es Salaam, United Republic of TANZANIA
電話:+255-22-2115827/9
FAX:+255-22-2115830
領事窓口時間:07:30 - 12:30 / 13:30 - 16:30
査証窓口時間:08:30 - 12:30
ホームページ: http://www.tz.emb-japan.go.jp/index_j.htm

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。