海外

2021.12.21

コンゴ(民) 危険情報【危険レベル継続】(内容の更新)

危険レベル・ポイント


【危険度】
●カサイ3州全域(カサイ州、中央カサイ州及び東カサイ州)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●バ=ズエレ州北部、オー=ウエレ州、イツリ州、北キブ州及び南キブ州全域
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●北ウバンギ州及び南ウバンギ州の中央アフリカとの国境地帯
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●上記以外の地域
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

【ポイント】
●危険情報レベル4発出地域では、反政府武装勢力による地元住人や外国人の虐殺や誘拐等の発生が多数報告されています。同地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。また、既に滞在されている方は直ちに退避してください。
●危険情報レベル3発出地域では、隣国の情勢次第で急激に治安が悪化する可能性があります。同地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。●危険情報レベル2発出地域では、殺人、強盗、誘拐、大規模デモ等が散発しています。同地域への不要不急の渡航は止めてください。


詳細


1 概況
(1)2018年12月、2016年以降延期となっていた大統領選挙及び国民議会・州議会選挙が実施され、2019年2月、最大野党である「民主社会進歩連合」(UDPS)のチセケディ党首が第5代大統領に就任し、コンゴ民主共和国(以下、「コンゴ(民)」。)の歴史上初めて民主的な政権交代が実現しました。チセケディ大統領は、国際社会との関係改善、東部地域の治安回復、汚職対策をはじめとする各種国内改革等に取り組んでいますが、2023年に予定される次期大統領選挙に向け、政治的緊張が高まる可能性がありますので、引き続き政治・治安情勢に注意する必要があります。

(2)中南部に位置するカサイ3州では、2016年8月以降、伝統的首長(Chef coutumier)のカムウィナ・ンサプを信奉する民兵組織と治安当局との衝突が頻発し、2017年には国連職員2人が殺害される事件が発生しています。また、2020年には、共同体間の対立やコンゴ(民)軍とアンゴラ軍との衝突等がたびたび発生し、多くの死傷者が出ました。その後、国連は、2021年6月、国連コンゴ(民)安定化ミッション(MONUSCO)軍を同州から撤収させ、コンゴ(民)政府に治安維持の対応を委ねていますが、不安定な政治・治安情勢は続いています。

(3)東部地域では政府の統治がいまだ完全に行き届いておらず、反政府武装勢力による地元住民や外国人の虐殺や誘拐等の非人道的行為が多数報告されるなど、極めて劣悪な治安状況が続いています。2021年5月、チセケディ大統領はイツリ州及び北キブ州全域に戒厳令を布告し、州政府を軍・警察指揮下の統治に変更し、対武装集団掃討作戦を継続していますが、未だ住民の虐殺や治安部隊への攻撃は収まっていません。

(4)2019年4月、北キブ州ベニ地区においてコンゴ(民)軍人を含む計8人が死傷した事件に関し、「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)が「中部アフリカ州」の名で犯行声明を発出しました。ISILがコンゴ(民)における攻撃について犯行声明を発出したのはこれが初めてとされています。それ以降も、ISILは同地区におけるウガンダ系反政府勢力「民主同盟軍」(ADF)等による襲撃について継続して犯行声明を発出しており、米国は2021年3月、ADFをISIL関連団体テロ組織として指定しています。
このような状況を十分に認識し、テロ・誘拐に巻き込まれることがないよう、海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め、状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

2 地域情勢
(1)カサイ3州全域(カサイ州、中央カサイ州及び東カサイ州)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

2016年8月に中央カサイ州で発生した伝統的首長のカムウィナ・ンサプが率いる民兵組織と治安当局との衝突でンサプが死亡して以降、ンサプを信奉する民兵組織と治安当局との衝突がカサイ3州で頻発し、500人以上が死亡し、60万人以上が難民・国内避難民となっています。2016年9月、中央カサイ州の州都カナンガで民兵組織が空港を襲撃し、治安部隊との衝突により約100人の死者が出たほか、 2017年3月には、米国籍とスウェーデン国籍の国連職員2名が中央カサイ州チンブルで行方不明となり、その後遺体で発見される事件も発生しています。2019年1月、カサイ地方を支持基盤とするチセケディ氏が大統領に就任したことを受けて一部の民兵は投降しましたが、民兵組織と治安当局との緊張は依然として継続しています。
また、2020年8月に共同体間の対立(カサイ州及び中央カサイ州の境界争い)により1万3千人以上が家を失ったほか、コンゴ(民)軍とアンゴラ軍との衝突等がたびたび発生し、多くの死傷者が出るなど、治安情勢が著しく悪化しました。
2021年中、地元部族衝突の数は、以前と比べ減少していますが、3月にはルバ族とクバ族の衝突による国内避難民が2万人超などの報道(UNHCR発表)もあり、治安状況が改善されたとはいえない状況です。
国連は、2021年6月、カサイ各州からコンゴ(民)安定化ミッション(MONUSCO)軍を撤収させ、政府に治安維持の対応を委ねていますが、不安定な政治情勢は続いています。
つきましては、これらの地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。また、既に滞在されている方は直ちに安全な地域へ退避してください。

(2)バ=ズエレ州北部、オー=ウエレ州、イツリ州、北キブ州及び南キブ州全域
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

ア これらの地域では、ADF、「ルワンダ解放民主軍」(FDLR)、「神の抵抗軍」(LRA)、「イツリ愛国抵抗戦線」(FRPI)、「コンゴ開発協同組合」(CODECO)及び「マイマイ」(自警団的な性格をもった武装集団)等多数の武装集団による市民に対する非人道的行為(虐殺、誘拐等)が引き続き報告されており、コンゴ(民)国軍がMONUSCOと協力の上、各組織に対する掃討作戦を行っています。なお、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の試算によると、2021年1月から8月までの8か月間にイツリ州及び北キブ州内で1,200人以上の民間人が殺害されています。
イ バ=ズエレ州北部及びオー=ウエレ州では、LRAやLRAと連携しているとされる武装集団による略奪、殺人、誘拐等が横行しており、2020年5月には、バ=ズエレ州において、武装集団が民間人約50人を拉致した上で、農産品や家財道具を略奪する事件が発生しています。また、オー=ズエレ州では、武装集団追跡のため中央アフリカ共和国(以下、「中央アフリカ」。)軍や南スーダンからの難民がコンゴ(民)領内に侵入・流入しており、治安が悪化しています。
ウ イツリ州では、FRPIやCODECO、ADF等国内外の武装勢力による略奪や殺人、誘拐等が横行しています。また、2017年12月からはイツリ紛争(エマ族やレンドゥ族等の間の紛争)が再燃し、2020年9月には、7年ぶりに武装勢力が州都ブニアに侵入した事案が報告されており、2021年中も6月には南部の村で57人殺害、8月には鉱山労働者3人の誘拐、10月にも幹線道路での約100台の車列に対する待ち伏せ攻撃などの襲撃事件が頻発しています。
エ 北キブ州では、ADFやFDLR、マイマイ等、数多くの武装勢力が活動しており、中でもADFは、2019年10月末にコンゴ(民)軍が軍事作戦を開始して以降、ベニ地区を中心にこれまで800人以上の市民等を殺害し、略奪・誘拐等を行うなど、劣悪な治安状況が続いています。また、2019年4月、北キブ州ベニ地区においてコンゴ(民)軍人を含む計8人が死傷した事件に関し、ISILが「中部アフリカ州」の名で犯行声明を発出しました。ISILがコンゴ(民)における攻撃について犯行声明を発出したのはこれが初めてとされます。それ以降も、ISILは同地区におけるADF等による襲撃について継続して犯行声明を発出しており、ADFとISILとの関係が指摘されています。なお米国は2021年3月、ADFがISIL関連団体テロ組織として指定しています。ISILは、2020年10月に発生した北キブ州ベニ地区のカンバイ(Kangbayi)刑務所襲撃事件(囚人約1,300人が脱獄。)について犯行声明を発出したほか、2021年中も、2月のベニ地区Nzengaでの市民21人殺害、6月のベニ市内での自爆テロとキリスト教会を狙った爆発事件、9月のベニ市Bashu地区国軍兵士10人殺害等についても犯行声明を発出しています。ADFは、一般市民、コンゴ(民)国軍(FADRC)だけでなく、2021年5月にはベニ市近郊のMONUSCO拠点を襲撃しマラウイ人隊員を殺害するなど、攻撃対象は拡大しています。2021年2月には、ベニ市近郊でWFP活動のため移動中の駐コンゴ(民)・イタリア大使車列が襲撃を受け、大使ほか2名が殺害される事件も発生しています。
南キブ州では、バニャムレンゲ(主にコンゴ(民)東部にいるツチ族系ルワンダ語話者)系武装勢力と各地域のマイマイが抗争を繰り広げており、国連情報によると、2019年2月から2020年6月までの間で約130人が死亡、11万人が家を失っています。人権団体の報告書によると、ヴィルンガ国立公園周辺では、2017年4月から2020年3月までの3年間で約170人が誘拐され、拷問、殺害、強姦や身代金の請求などが行われています。2021年も、8月には、ツチ族系武装グループと対立勢力の衝突で民兵が16人死亡した事件や、ブルンジ国境において同武装勢力が国軍と衝突し、2人が死亡した事件、10月には、国際医療NGO団体職員7人が拉致される事件も発生しています。
北キブ州の州都ゴマ及び南キブ州の州都ブカブについては、周辺の退避勧告地域に比べ治安部隊による警備が厳重なことから比較的安定している状況にありますが、外国人やキリスト教徒を狙った爆発物による襲撃事件も今後増加する懸念もあります。ブカブについては、隣国ブルンジ及びルワンダの情勢にも注意する必要があります。

つきましては、これらの地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。また、既に滞在されている方は直ちに安全な地域へ退避してください。

(3)北ウバンギ州及び南ウバンギ州の中央アフリカとの国境地帯
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

2012年末に発生した中央アフリカにおける政情不安により、中央アフリカ難民がコンゴ(民)に流入しました(UNHCRによると、2021年10月時点で北ウバンギ州に約10万人、南ウバンギ州には約5万人の中央アフリカ難民が滞在中と推計されています。)。中央アフリカでは、2016年3月に民主的なプロセスを経てトゥアデラ政権が発足し、2019年2月には中央アフリカ政府と武装勢力との間で和平合意が署名されました。しかし、2021年10月には中央アフリカ国軍と武装勢力との衝突を逃れるため、北ウバンギ州への大量の越境避難民が記録(政府発表15,059人)されるなど、両国の政治的状況次第では、今後、国境周辺の治安が急激に悪化する可能性も排除できません。

つきましては、これらの地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。

(4)上記以外の地域
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

ア キンシャサ特別州(首都キンシャサ)
(ア)2018年12月30日、2016年以降延期となっていた大統領選挙及び国民議会・州議会選挙が実施され、2019年1月24日、最大野党UDPSのチセケディ党首が第5代大統領に就任し、歴史上初めて民主的な政権交代が実現しました。2023年に予定される次期大統領選挙に向け、2021年、野党連合LAMUKA及び市民団体LUCHAを中心に、選挙関連プロセスの透明性を求める大規模デモが呼び掛けられるなどしています。コンゴ(民)では、選挙等の機会に大規模なデモが散発的に発生し、治安部隊との衝突に発展して多くの死傷者が出ることがあることから、政治・治安情勢に引き続き注意する必要があります。
(イ)一般犯罪としては、貧困に起因する金品目当ての事件が多発しています。なかでも「シェゲ」と呼ばれるストリート・チルドレンによるスリやひったくりなどの窃盗事件、「クルナ」と呼ばれる不良暴力集団による恐喝、強盗、強盗殺人、身代金目的の誘拐等の凶悪犯罪が多発しています。犯罪被害に遭わないよう、徒歩での移動は避けて下さい。また、公共のバスや流しのタクシーはスリ、強盗、誘拐の被害に遭いやすく、コンゴ(民)に短期で渡航する場合は、公共交通機関の利用は控え、ホテルや旅行会社から紹介を受けたレンタカー等の利用をお勧めします。その他、警察や出入国管理局等の公務員及び軍人が、一般市民に対して不当に言いがかりをつけ、現金を喝取する「たかり行為」が横行しているため、これらがつけ入る隙を与えず、目立つような行為はしないことが重要です。
(ウ)2020年から2021年にかけて、新型コロナウイルス感染症による外出禁止や物価価格の変動、取り締まる警察への不満等からデモや暴徒化した一部参加者による商店等への略奪行為が発生しています。また、外国人経営者による不当な差別に抗議するデモも散見され、事案ごとに呼び掛けられたデモの発生等、予想を超える規模になる可能性も考えられます。
イ チョポ州及びマニエマ州
同地域は、反政府武装勢力の活動が盛んな地域に隣接しており、今後、同勢力が活動地域を拡大する可能性も否定できません。
ウ オー=カタンガ州、オー=ロマミ州、タンガニーカ州及びルアバラ州
2013年3月23日、旧カタンガ州北部を本拠地とする民兵組織「バカタ・カタンガ(Bakata Katanga)」の要員約300人が旧カタンガ州都ルブンバシ中心部に侵攻し、治安部隊との間で衝突が発生しました。また、2014年に入ってからは、マノノ(Manono)、ミツワバ(Mitwaba)、プウェト(Pweto)の三都市を結ぶ死の三角地帯と呼ばれている地域でバカタ・カタンガの活動が活発化し、人道危機が発生しました。2020年3月及び9月にも、バカタ・カタンガがルブンバシ等に侵攻し、治安部隊との衝突により複数人が死亡しています。2021年中、タンガニーカ州では、6月には、ツワ族とバンツー族の衝突とみられる事件で4人が殺害されたほか、10月には、フィジ(Fizi)地域においてマイマイによって市民21人が略取される事件が発生しています。
そのほかにも、これらの地域には分離独立を標榜する複数の武装勢力が存在しています。現在も、バンツー系部族とピグミー族との間で土地問題等をめぐる対立が生じています。ルブンバシは、主要野党リーダーの一人であるモイーズ・カトゥンビ元カタンガ州知事の拠点であることから東部2州の戒厳令等与党による政策を巡る意見対立や政治的緊張が高まりやすく、暴動が発生する可能性がある地域ですので、政治情勢にも注意する必要があります。
エ その他の地域
現在、治安状況は比較的安定していますが、ひったくり、スリ、路上・侵入強盗等の一般犯罪には十分注意して下さい。また、コンゴ(民)では、近年、毎年エボラウイルス病(エボラ出血熱)の流行が頻発していおり、2021年10月にも北キブ州内で第13次流行が発生しています。エボラウイルス病(エボラ出血熱)以外にも様々な感染症の発生がありうることから、感染症情報にも十分注意を払い、最新の情報を入手の上、流行がみられる場合には発症地域への立ち入りは絶対に避けてください。

つきましては、これらの地域への不要不急の渡航は止めてください。やむを得ず渡航する場合には、特別な注意を払うとともに、十分な安全対策を講じてください。

3 滞在に当たっての注意事項
コンゴ(民)への渡航・滞在における一般的な注意事項については、海外安全ホームページ内の「安全対策基礎データ」(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_103.html )も併せて参照してください。
滞在中は、下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにしてください。また、渡航に際しては、あらかじめ、日本国外務省、在コンゴ(民)日本国大使館、現地関係機関等から最新の情報を入手するよう努めてください。万一、事件・事故等に巻き込まれた場合は、速やかに在コンゴ(民)日本国大使館に連絡してください。

(1)海外渡航の際には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
コンゴ(民)に3か月以上滞在する方は、大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう、必ず在留届を提出してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet
3か月未満の旅行や出張などの際には、渡航先の最新安全情報や、緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

(2)コンゴ(民)では、昼夜を問わず徒歩での外出は避け、車両で移動してください。乗り合いタクシー、バス、電車などの公共交通機関はスリ、誘拐、強盗等の被害に遭う危険性が高く使用は止めてください。長期滞在する場合は、個人または所属する企業・団体において、使用できる車両を確保してください。短期渡航の場合は、旅行会社・ホテル等から紹介を受けたレンタカー等を利用してください。また、貧困に起因する金銭等を狙った窃盗、強盗等の犯罪が多発しています。特に犯罪が発生する深夜、未明の時間帯は外出を控えてください。新型コロナウイルス感染症の流行によっては夜間外出禁止令が発令する場合がありますので、関連情報にも注意してください。(2021年11月20日現在、23時から翌4時まで外出禁止が継続中です。)ホテル、レストラン周辺は外国人をはじめ富裕層の出入りがあることから、バッグ、携帯電話等の所持品を狙ったひったくり、強盗等の事件が多発しています。こうした場所で車両を乗り降りする場合は、周囲の様子に十分注意してください。

(3)コンゴ川流域では、定員超過、過積載による船舶事故が散見されるほか、過去には外国人を対象とした誘拐事件が発生しています。また、河川路に位置する国境の都市では、出入国管理局職員による検問で不当に金銭を要求されたり、一時的に身柄を拘束されたりするなどのトラブルが発生しています。なお、日本人を含め外国人利用者が多いキンシャサのンゴビラ港から船舶を利用して隣国コンゴ共和国(以下、「コンゴ(共)」。)のブラザビルに入国する場合でも、職員が「入国のための書類が足りない」などの言いがかりを付けて金銭を要求することがありますので、十分注意してください。

(4)軍人や警察官が多数警戒している施設には安易に近づかないでください。また、これらの付近でカメラやスマートフォンを構えるなど、誤解を招くような行動は厳に慎んでください。過去には、某国外交官が深夜に車を運転中、誤って検問所に近づいてしまったため兵士に銃撃されて負傷する事件や、外国人カップルが夜間に大統領府付近を散歩していたところ、誤って規制線を越えてしまったために軍人に銃を突きつけられ、現金を奪われる事案等が発生しています。

(5)無用なトラブルを回避するため、政治や治安当局に関する不用意な言動・議論は慎んでください。

(6)緊急事態が発生し自主的な国外退避が困難となった場合の緊急避難先はキンシャサの日本大使公邸または日本国大使館となりますので、これらの所在地をあらかじめ確認しておいてください。また、万一に備えて食料、飲料水等を備蓄(1週間程度立て籠もることができるだけの準備をしておくことが望ましい)しておくとともに、パスポート、航空券、宿泊費及び当座の生活費のための現金、クレジットカード、貴重品及び衣類等の生活必需品をいつでも持ち出せるよう準備しておくことをお勧めします(スーツケース1個分、10キロ程度が目安)。

(7)新型コロナウイルス感染症の流行を含む緊急事態が発生した場合、政府機関、重要施設、幹線道路及び主要交差点等で軍や警察による検問が行われるため、空港にアクセスすることが極めて困難となります。また、治安が悪化した場合には、民間航空機も運航を取りやめる可能性があり、空路での国外退避は事実上不可能と考えておく必要があります。キンシャサに滞在する場合は、上記のような緊急事態を想定し、隣国のコンゴ(共)に退避することを念頭にあらかじめコンゴ(共)の査証を取得しておくことをお勧めします。また、パスポートの有効期限にも注意し、6か月未満になっている場合は早めに在コンゴ(民)日本国大使館で新たなパスポートの申請を行うことをお勧めします(パスポートの有効期限までの期間が1年未満であれば更新の申請が可能です)。

4 隣国の南スーダン、中央アフリカ、コンゴ共和国、アンゴラ、ザンビア、タンザニア、ブルンジ、ルワンダ及びウガンダにもそれぞれ「危険情報」が発出されていますので、併せて留意してください。また、隣国からの陸路での越境は、場所によっては極めて危険です。空路を選択するよう心掛けてください。


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)9850
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○海外安全ホームページ:
https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在コンゴ民主共和国日本国大使館
住所:372, Avenue Colonel Mondjiba, Concession Immotex, Ngaliema, Kinshasa, Republique Democratique du CONGO
大使館代表電話:(国番号243)-81-555-4731~4
大使館緊急用電話:(国番号243)-81-880-5059
ホームページ:http://www.rdc.emb-japan.go.jp/

 

 

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。