海外

2021.11.02

フィジー 南太平洋におけるサイクロンシーズンの到来について

・フィジー気象庁より今季(2021-21年)における熱帯低気圧(以下「サイクロン」)の季節予報が発出されました。 

・今季サイクロン到来シーズン(2021年11月~2022年4月)においてフィジーでは,3~5つのサイクロンがフィジーに影響を及ぼし,そのうち1~3つのサイクロンはカテゴリー3以上に発達すると予報されています(サイクロンのカテゴリーには1~5のカテゴリーがあり、昨年フィジーに上陸したサイクロン「YASA」は、最も強いカテゴリー5に該当します)。 

・フィジー(ナンディ)に拠点を置く地域気象センターの管轄地域(ソロモン諸島から仏領ポリネシアにかけての太平洋島嶼国地域)においては,4~6つのサイクロンが発生する可能性があると予想されています。 

・在留邦人及び当地への旅行などを計画されている皆様におかれましては,テレビやラジオ等により気象情報やサイクロン関連情報(避難勧告等)の入手に努めるほか,万が一に備え食料や飲料水などの非常用資材の備蓄に留意してください。またフィジー国内の建物は簡素な作りのものが多くサイクロンに対して脆弱であり、洪水も頻繁に発生しています。ご自身の住居の安全性を評価の上、必要に応じて避難場所の確保をお願いします。

1 フィジー気象庁から発出された今季サイクロンの季節予報の詳細な内容は,以下リンクから参照できます。
 
フィジー気象庁:https://www.met.gov.fj/index.php?page=tcoutlook

2 情報収集 
気象情報及びサイクロン関連情報を入手するにあたり,有益はウェブサイトの一例は,以下のとおりです。 
(1)フィジー気象庁ホームページ:http://www.met.gov.fj/
サイクロンの進路など 
(2)国家災害管理事務局(NMDO)ホームページ:http://www.ndmo.gov.fj/
同ツイッターアカウント:https://twitter.com/FijiNDMO
避難勧告などの災害対策、避難所(Evacuation centre)情報 
(3)フィジー道路当局(Fiji Roads Authority)ホームページ:http://www.fijiroads.org/
通行止め情報など 

3 非常用資材の備蓄 
洪水等が発生した場合,数日間にわたり停電,断水等が発生した例があります。 10日間分程度の非常用物資を備蓄しておくよう心掛けて下さい。参考までに,非常用物資の一例を紹介します。また,サイクロンの通過後は汚水の流入等による衛生環境の悪化に伴う各種感染症リスクの拡大が懸念されます。うがいや手洗いなどによる感染症予防のほか,防虫スプレーなどによる蚊対策に十分配慮してください。 
・パスポート,保険証券類,カード類,現金
・携帯電話(常に電池残量を確保すると共に、予備バッテリーを確保する。)
・非常用食料(缶詰,クッキー等調理不要なものが有用) 
・飲料水 
・常備薬 
・懐中電灯,ろうそく,マッチライター 
・ラジオ 
・電池 
・衣類,寝具(毛布等) 
・食器類,炊飯道具,燃料


在フィジー日本国大使館(領事・警備班)
住 所:(G.P.O. Box 13045)Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, Suva, Fiji
電 話:(679)330-4633(開館時間(8:30~16:30)以外は外部オペレータによる対応)
メール: ryoji.fiji@fj.mofa.go.jp
ホームページ: http://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.htm

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。