海外

2021.10.11

日本入国時に検疫所長の指定する場所で待機(隔離)が必要な指定国・地域

タイへの渡航に必要な手続きの手順 日本入国時の待機宿泊 / ワクチン接種者向け待機期間短縮について

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国される方に対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

下記は、厚生労働省ホームページの発表内容を簡潔にまとめたものです。
新型コロナウイルス感染拡大後の対応は流動的なため予告無く変更となる場合があります。最新の情報は
厚生労働省ホームページでご確認ください。


◎ 日本入国時の待機(隔離)宿泊等について

以下厚生労働省ホームページの情報をもとに作成しています。
新型コロナウイルス関連対応は流動的なため予告なく変更となる場合があります。最新の情報や詳細は必ず各自でご確認ください。

ワクチン接種証明書による待機期間の短縮等について(2021年10月1日~)

国内外でワクチンの接種が進展しつつあることを踏まえ、外務省 及び 厚生労働省にて「有効と確認したワクチン接種証明書」を保持する方については、下記についての免除措置が取られます

  • 2021年10月1日以降に入国・帰国される方に対して実施されます
  • 下記記載条件に当てはまる場合でも、別途検疫所または保健所から自宅等での待機の継続等について指示があった場合は、待機期間の短縮にならない場合がございます
  • 年齢要件でワクチン接種が認められない子供は、下記の待機期間の短縮等はできません
  • 下記の場合はワクチン接種証明書を持っていても待機期間の短縮はされません
    - 検疫所が確保する宿泊施設で10日間の待機対象となっている指定国・地域から入国(帰国)する場合
    - 検疫所が確保する宿泊施設で6日間の待機対象となっている指定国・地域から入国(帰国)する場合
  • 入国後14日間の自宅等での待機期間を短縮
    (ただし「検疫所が確保する宿泊施設での待機対象となっていない国・地域」または「検疫所が確保する宿泊施設で3日間の待機対象となっている指定国・地域」から入国(帰国)した場合のみ)

    ➡ 入国後14日間の自宅等での待機期間中、入国後の10日目以降に自主的に受けた検査(PCR検査 または 抗原定量検査)の陰性結果を「厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出る必要があります
  • 検疫所が確保する宿泊施設で3日間の待機対象となっている指定国・地域から入国(帰国)した場合は、宿泊施設での3日間待機の免除
入国後14日間の待機期間宿泊の流れ(最短スケジュールの場合)

有効なワクチン接種証明書

ワクチン接種証明書は、以下①~⑤の条件を満たすものに限り有効です。

なお、証明書は「原本をコピーしたもの」を検疫所にご提出することとなります。
(電子接種証明書の場合は検疫所職員にご相談下さい)

厚生労働省・検疫所が定める国・地域(別表)の政府等公的な機関等で発行された接種証明書であること

(日本で発行された接種証明書は、以下のいずれかに該当するものが有効です)
 ・政府または地方自治体発行の「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書
 ・地方自治体発行の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」
 ・医療機関等発行の「新型コロナワクチン接種記録書
 ・その他同等の証明書と認められるもの
以下の事項が日本語 または 英語で記載されていること
- 氏名
- 生年月日
- ワクチン名 または メーカー
- ワクチン接種日
- ワクチン接種回数


※生年月日の代わりにパスポート番号等本人を特定するための事項が記載されており、パスポート等と照合して本人の接種証明書であることが確認できれば有効とみなします

※接種証明書が日本語または英語以外で記載されている場合、接種証明書の翻訳(日本語または英語)が添付され、記載内容が判別できれば有効とみなします
接種したワクチンの「ワクチン名 / メーカー」が以下のいずれかであることが確認できること
- コミナティ(Comirnaty)筋注 / ファイザー(Pfizer
- バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注 / アストラゼネカ(AstraZeneca
- COVID-19ワクチンモデルナ(COVID-19 Vaccine Moderna)筋注 / モデルナ(Moderna) 


※上記ワクチン名/メーカーは日本における名称です
③に記載のワクチンを2回以上接種していることが確認できること
(異なるワクチンを接種した場合でも、2回とも③に記載のいずれかのワクチンを接種していればOK)
日本入国(帰国)時点で2回目のワクチン接種日から14日以上経過していること
海外から日本への入国に際し有効と認めるワクチン接種証明書対象国(2021年10月8日現在)

国・地域別の宿泊施設での待機(隔離)要否 及び 日数等について

<ご注意!>
検疫所が確保する宿泊施設での待機対象となってる指定国・地域から入国(帰国)する場合
到着された日の施設の空き状況に応じて、隔離施設が決定されるため、どの施設に滞在するかは到着当日までわかりません。
また、宿泊施設は到着空港の近くとは限りません

※検疫所が確保する宿泊施設での滞在費用は食費を含めて、全て公費負担となります
※食事は弁当が配られます。原則として個別の要望にはお答えできません。また、滞在中の飲酒・喫煙は不可となります
滞在国・地域 ワクチン
証明書
入国後(入国日の翌日を1日目)
1~3日目 4~6日目 7~10日目 11~14日目
検疫所が確保する宿泊施設で 10日間 の待機対象となっている指定国・地域
該当なし 指定隔離施設で待機
3日目/6日目/10日目にPCR検査実施
自宅等で待機
検疫所が確保する宿泊施設で 6日間 の待機対象となっている指定国・地域
アルゼンチン
コスタリカ
コロンビア
スリナム
トリニダード・トバゴ
フィリピン
ブラジル
ベネズエラ
ペルー
指定隔離施設で待機
3日目/6日目にPCR検査実施
自宅等で待機
滞在国・地域 ワクチン
証明書
入国後(入国日の翌日を1日目)
1~3日目 4~6日目 7~10日目 11~14日目
検疫所が確保する宿泊施設で 3日間 の待機対象となっている指定国・地域
アラブ首長国連邦
アルバニア
インド
インドネシア
ウズベキスタン
ウルグアイ
英国
エクアドル
カザフスタン
ギニア
キューバ
ギリシャ
ザンビア
ジョージア
スリランカ
セーシェル
タンザニア
チリ
デンマーク
ドミニカ共和国
トルコ
パキスタン
パラグアイ
バングラデシュ
ベルギー
ボリビア
ポルトガル
マレーシア
南アフリカ共和国
モザンビーク
モルディブ
リビア
ロシア
・ハバロフスク地方
・モスクワ市
無し 指定隔離施設で待機
3日目にPCR検査実施
自宅等で待機
有り 10~14日目に自主検査しない場合は自宅等で待機
(検疫所が確保する宿泊施設での待機免除)
有り 自宅等で待機
10日目以降に自主検査

陰性結果を入国者健康確認センターに届出
待機終了のお知らせで
待機期間短縮
検疫所が確保する宿泊施設での待機対象となっていない国・地域
上記記載以外の国・地域 無し 自宅等で待機
有り 10~14日目に自主検査しない場合は自宅等で待機
有り 自宅等で待機
10日目以降に自主検査

陰性結果を入国者健康確認センターに届出
待機終了のお知らせで
待機期間短縮

◎ 日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

*海外から日本への入国には以下が必要です*
★出国前72時間以内に実施した検査の陰性証明書
日本人を含む全ての入国者に、出国前72時間以内に実施した新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提示が求められています。
●弊社では現地での「日本入国用の検査及び検査証明書取得」の代行手配(予約)を行っております
日本入国用の検査の代行手配(予約)サポート

★検疫所が確保する宿泊施設での待機
日本入国前に滞在した国・地域に応じて検疫所が確保する宿泊施設等で待機、検査を受ける必要があります。

★質問票Webの事前登録
ご自身のスマートフォンやタブレットから以下の質問票Webにアクセスし、情報を入力した後に発行されるQRコードを検疫官へ提示します。

★検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出
入国から14日間(日本到着の翌日を1日目として起算した14日間)の公共交通期間の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等について誓約頂くことになります。

★スマートフォンアプリ3種類のインストールと設定
日本入国後の14日間は、自宅やホテル等での待機等の確実な実施のため、お持ちのスマートフォンに下記アプリ3種を全てインストール、利用して頂く必要があります。
① 健康居所確認アプリ(MySOS)による位置情報・健康状態の報告・居所確認
② お持ちのスマートフォンの位置情報設定・保存(GoogleMaps等の設定)
③ 接触確認アプリ(COCOA)の利用


日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

●日本の入国制限・入国拒否対象国・地域

●発給された査証の効力停止と査証免除措置の停止

●ビジネストラック、レジデンストラックの運用停止について

1)出国前72時間以内に実施した検査の陰性証明書の準備
・弊社では現地での「日本入国用の検査及び検査証明書取得」の代行手配(予約)のサポートをさせていただきます。

日本入国用の検査の代行手配(予約)サポートについて

2)質問票Webの事前登録

3)スマートフォンのアプリ3種類のインストールと設定

4)検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出

5)降機後の検査

6)14日間の待機
待機宿泊(帰国者向けプラン・入国者向けプラン)、ハイヤーの手配は弊社にて可能です。
日本入国後の待機宿泊手配について|帰国者に対する検疫の流れと14日間の待機宿泊について

自主待機期間の移動手段(ハイヤー)手配について

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。