海外

2021.01.26

ポーランド 入国後の隔離措置の免除対象者の追加変更

<ポイント>

○1月22日付内閣令において、昨年12月28日から実施されている入国者に対する隔離措置の免除対象者に追加変更がありました。

○ポーランドへ入国する48時間以内に結果が判明した新型コロナウイルス感染症のポーランド語又は英語の陰性証明書の所持者は、入国時の10日間の隔離措置が免除されます(入国審査の際、国境警備隊に提示が求められます)。

○ポーランドにおける隔離措置は、日本の自主隔離とは違い、隔離滞在場所から出ることは出来ません。また、隔離用アプリの使用を求められ、事前に記載した滞在先や連絡先を基に、隔離滞在場所に警察官が確認のため訪れたり、電話による確認等が行われたりします。なお、違反すると罰則が課せられます。

1 1月22日付内閣令において、昨年12月28日から実施されている入国者に対する隔離措置の免除対象者に追加変更がありました。

2 ポーランドへ入国する48時間以内に結果が判明した新型コロナウイルス感染症のポーランド語又は英語の陰性証明書の所持者は、入国時の10日間の隔離措置が免除されます(入国審査の際、国境警備隊に提示が求められます)。

3 その他の追加事項については、国際スポーツ大会への出場者及びその関係者やマスコミ、当国公務員を対象としており、詳細は後ほど当館HPへ掲載します。

4 本件隔離措置は、日本の自主隔離とは違い、食料品の調達を含め隔離滞在場所から出ることは出来ません。買い物も知人等に依頼する等の必要があります。また、隔離用アプリの使用を求められ、事前に記載した滞在先や連絡先を基に、隔離滞在場所に警察官が確認のため訪れたり、電話による確認等が行われたりします。なお、違反すると高額な罰金などの罰則が課せられますので、ご注意ください。

(問い合わせ先)
在ポーランド日本国大使館 領事班
☆電話:+48 22 696 5005
※開館時間のみ[09:00~12:30、13:30~17:00]。開館時間外に緊急を要する場合には大使館代表番号(+48 22 696 5000)へお掛けください(閉館時電話対応委嘱業者がまずは伺うことになります)。
☆メール:cons@wr.mofa.go.jp
☆HP:https://www.pl.emb-japan.go.jp/itpr_ja/ryouji.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。