海外

2021.02.09

タンザニアにおける新型コロナウイルス感染症例の急増に関する注意喚起

●タンザニアでは、2020年5月に、突如政府による新型コロナウイルス関連統計の公表が取りやめられました。それ以降の正確な感染実態の把握が困難となり感染拡大の継続が懸念されていますが、本年に入ってから感染拡大が急激に進んでいるとのタンザニアに所在する国際機関や外交団等の報告が続き、変異株の出現も伝えられていること等から、状況の急激な悪化が進行していると考えられます。
●現在、大勢の外国人観光客が訪れているアルーシャ(キリマンジャロ玄関口)や島嶼部ザンジバル等の観光地のみならず、最大都市ダルエスサラーム、首都ドドマ、国境沿いの各地方、小村部においても新型コロナウイルスと考えられる感染症例が確認され、医療機関は既に逼迫しているとされています。
●タンザニア政府は、新型コロナウイルス感染症の存在自体を否定する立場を継続し、ワクチン接種についてもその有効性に疑義を呈しています。タンザニア滞在には最新情報の入手の他、より一層の感染予防対策の徹底に努めてください。渡航を計画されている場合には、中止・延期を含めご検討ください。

【内容】
1 タンザニア本土においては、新型コロナウイルス感染拡大が始まった2020年4月29日、島嶼部ザンジバルにおいては5月7日を最後に、政府による感染状況に関する統計の公式発表が中断されているため、現在においても感染症例は当時の509件、死亡例21件のまま更新されていません。そのため、感染が継続しているとみられる実態とは大きく異なり、近隣諸国の感染者数と比較した場合、感染症例が少ないために比較的安全な国と誤解されかねない状況にあります。

2 2020年5月半ばには学校等の社会活動が再開され、経済活動重視の観点から一時停止されていた国際線の運行も、14日間の自主隔離措置を伴わずに再開されました。6月には大統領により「神はタンザニアを新型コロナウイルスから救われた」と宣言され、公式な場でウイルスや感染事例の存在を認め難い状況となりました。マスクを着用するタンザニア人を街中で見かけることもありません。

3 現在も政府による新たな統計の公表はなく正確な感染実態の把握は困難な状況が続いていますが、タンザニアに所在する国際機関、外交団や医療機関等からの情報によると、2020年のクリスマス以降、冬の北半球諸国等の感染流行地域から大勢の外国人観光客が殺到し、今年に入ってから感染拡大が急激に進行しているとの報告が続いています。実際に、アルーシャやザンジバルといった観光地のみならず、最大都市ダルエスサラームや首都ドドマ、さらに各地方においても医療機関は既に逼迫、病床は常に満床状態にある様子がうかがわれます。こうした感染拡大を受けて、インターナショナルスクール等の登校禁止措置、各行事の中止・延期も続いています。

4 同国の国際機関や外交団等の報告によれば、現地の一般庶民が多い都市の密集居住地区、市場等商業地区さらに近郊集落でも感染症と疑われる症状で急死する事例が急増しています。政府は新型コロナウイルス感染症による死亡例とはしておらず、新型コロナウイルス感染症との関係も必ずしも明らかではありませんが、国会議員、政府要人、著名キリスト教牧師、人気歌手等の死亡事例の報道も急増しています。また、欧米からの報道等で、タンザニアからの複数の入国者が南ア変異株に感染していたと報じられていることからも、タンザニア国内にも感染力が強いとされる変異株が一定程度流行していることが推察されます。

5 感染予防策を講じるタンザニア人は極めて少数にとどまっています。最近の大統領による発言を踏まえ、政府はワクチン接種についてもその有効性に疑義を呈し否定的であるため、感染拡大が更に進行することが懸念されます。そのため、タンザニアへの渡航を検討されている場合には、中止・延期を含めご検討ください。また、やむを得ず同国への渡航・滞在が必要な場合には、最新情報の入手の他、より一層の感染予防対策の徹底に努めてください。

6 在留届及び「たびレジ」への登録のお願い
 海外渡航前には、万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は、緊急事態に備え、必ず在留届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html
 また、3か月未満の旅行や出張などの際には、海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html 参照)


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)4475
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地在外公館連絡先)
○在タンザニア日本国大使館
EMBASSY of JAPAN in TANZANIA
住所:Plot No. 1018、 Ali Hassan Mwinyi Road、 P.O. Box 2577、 Dar es Salaam、 United Republic of TANZANIA
電話:+255-22-2115827/9FAX:+255-22-2115830
ホームページ: http://www.tz.emb-japan.go.jp/index_j.htm

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。