海外

2020.10.30

アンドラ 新型コロナウイルス感染拡大防止のための 新たな規制(2020年10月30日)

アンドラ公国の新型コロナウイルス感染拡大防止のための、新たな規制がアンドラ公国HPに掲載されましたので、内容な以下のとおりです。

●レストラン
― 12時から16時、19時から24時まで営業可。自宅でのサービスは許可。
― 1テーブル最大2人まで、ただし、同居者数がそれ以上の場合は例外。
― 顧客個人の登録が必要、テーブル間の距離は1、5メートル以上とる。

●バー
― 施設内のサービスは中止。
― 営業時間中いつでも、宅配は注文可。

●アルコール飲料
ー ガソリンスタンドでのアルコール飲料の販売は21時から8時までに制限する。

●人の集まり

室内では最大2人まで会うことができる、ただし、同居者数がそれ以上の場合は例外。

●学校内外での活動
― 教育活動と準学校教育活動は維持する。
― 学校内でのマスク着用は6歳から義務。
― 準学校教育活動はマスク着用の上行う。

●テレワーク
― テレワークは可能な限り実施する。
― 対面での職業上の会議の際は、2人を超えてはならない。
― 行政手続は、予約をしなければならない。

●体育館
― すべての個別・団体での活動はマスクを着用。
― 指導のある活動は中止。ただし、保健当局が承認した特別規則あり。

(アンドラ政府のウェブサイト:https://www.govern.ad/images/stories/Coronavirus/PDFs/Evitar_propagacio_Covid19.pdf

隣接国の移動の影響
アンドラ、ラ・ヴィラ、2020年10月30日

●カタルーニャ州の通行に関する情報

ーカタルーニャ政府の規制により、スペイン・アンドラ国境は開放を維持するが、カタルーニャへの出入州には移動証明書の所持が必要。

ーあらゆる場合に、2種のカタルーニャ州政府の自己責任による宣誓書と、可能な限りその証拠書類を所持する。
ー感染の進行により規制が変更される可能性があるため、カタルーニャ州に移動する場合は州政府の公式発表で最新情報を確認する。

カタルーニャ出入国のための自己責任証明書各種

https://interior.gencat.cat/ca/arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencia/malalties-transmissibles-emergents-amb-potencial-alt-risc-/certificat-autoresponsable-de-desplacament-en-el-marc-de-lestat-dalarma-per-la-crisi-sanitaria-per-la-covid-19/

移動のための自己責任宣誓書(電子版作成用リンク)

 Certificat dauto-responsabilite pour le voyage:https://certificatdes.confinapp.cat/#/

市内外移動のための自己責任宣誓書

カタルーニャ語

https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-MUN-CA.pdf

スペイン語

https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT_ES.pdf

英語

https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT-EN.pdf

カタルーニャ州内外移動のための自己責任宣誓書

カタルーニャ語

https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT-CA.pdf

スペイン語
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT_ES.pdf

英語
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT-EN.pdf

夜間の移動のための自己責任宣誓書

カタルーニャ語
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament_nocturn_CAT.pdf

スペイン語
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament_nocturn-ES.pdf

英語
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament_nocturn-EN.pdf

カタルーニャ州政府によると、以下は例外として認められる:

― 居住地への帰還。アンドラ国民は自国内に戻るために移動することができる。

― 高齢者、未成年者、被保護者、障がい者、特に脆弱な人の不可避な介護。

― 通勤のための移動。国境住民は、身分証明書の提示で国境を超えることができる。

― 職業上の移動および道路工事。

― 健康サービス補助および医療のための移動。自己責任宣誓書および医療検査結果等の証拠書類を所持することを推奨。

― 不可抗力あるいは他の正当な必要性。

― 移動規制の対象でない最終目的地へ向かう場合はカタルーニャ州を通り抜ける交通は許可される。

― 自国への帰還主義が適用されるため、学生はアンドラへ帰国することができる。スペインの滞在許可を所持する場合は、アンドラを出発してカタルーニャ州内の学校に戻ることができる。学生が試験等の学校の公式な呼び出しに出席するためであれば、同じく正当化される。

●フランス領の通行に関する情報

ーフランス政府の定めた規制に従い、仏・アンドラ国境の開放は維持される。ただし、フランスへの出入国は正当な理由がある場合に制限される。ーあらゆる場合において、フランス当局の移動証明書および可能な限り証拠書類を所持しなければならない。
ー感染の進行により規制が変更される可能性があるため、移動をする前には必ずフランス政府公式発表で最新情報を確認すること。

フランス政府の証明書各種のダウンロード・リンク

移動免除証明書/職業上の理由による移動証明書/学業のための移動証明書
https://www.gouvernement.fr/info-coronavirus

フランス政府によると、以下は例外として認められる:

― 居住地への帰還。アンドラの住民は帰宅するために移動することができる。
― 高齢者、未成年者、被保護者、障がい者、特に脆弱な人の不可避な介護。
― 通勤のための移動。国境住民は、身分証明書の提示で国境を超えることができる。
― 職業上の移動および道路工事。
― 健康サービス補助および医療のための移動。自己責任宣誓書および医療検査結果等の証拠書類を所持することを推奨。
― 不可抗力あるいは他の正当な必要性。
― 自国への帰還主義が適用されるため、学生はアンドラへ帰国することができる。

(アンドラ政府のサイト:

https://www.govern.ad/comunicats/item/12046-les-noves-mesures-temporals-per-reduir-els-contagis-inclouen-la-mascareta-obligatoria-a-les-escoles-a-partir-dels-8-anys

【問い合わせ先】
在フランス日本国大使館領事部
電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)
メール:consul@ps.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。